2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

『 1人じゃないから。がんばれる! 』

kage

2017/07/21 (Fri)




フラ

















『 安心して出産できるよう、闘います! 』

kage

2017/07/21 (Fri)



スタロ





6回の労働委員会あっせんを経て、勝利的和解

kage

2017/07/21 (Fri)


☆ 6回のあっせんを経て、勝利的和解

――― Nサービス ―――

 
 Kさんは2005年8月より、Nサービスに雇われ、K精機に派遣されて働いてきました。
 残業を断ったり、休んだり、病気になったり、怪我をしたりすると、派遣先からクビにされると厳しく言われたので、病気になっても休まずに無理して頑張ってきました。仕事中に転倒して小指及び肋骨骨折したときも、クビが恐くて、我慢して仕事を頑張りました。

 しかし、重たいものを持って長く働いた結果、椎間板ヘルニアとなり、2015年10月30日から欠勤が始まり、12月1日から完全に仕事ができなくなり、12月20日付で解雇されました。ユニオンみえに加入して、12月22日、派遣元及び派遣先にパワハラ、解雇、有給、直接雇用、傷病手当金、年金、アパート等々の問題解決を求め団体交渉を申し入れました。これに対し、派遣会社の弁護士は団交に応じても誠実な対応をせず、すべての要求に拒否し続けていました。

 Kさんは、傷病手当を受けながら、治療と交渉を続けました。年金事務所で確認したところ、入社後2014年4月にようやく加入しただけで、入社時から加入していればカラ期間もあるため、9年間未加入状態で、本来、年金受給が可能なところ、受給ができません。会社の弁護士は、Kさんの病状では働くこともできませんし、さらに、2016年7月31日までにアパートを明け渡さないと、法的措置を講じると圧力をかけてきました。ユニオンみえは、ただちに抗議行動に入ると通告し、さらに2017年9月2日に労働委員会にあっせんを申請しました。

 あっせんは6回におよびました。会社の弁護士は、組合の360万円での解決の提案に対し、2017年3月21日の段階で、10万円の回答でした。これに対し組合は、150万を主張。6月2日にようやく決着、当日、現金で100万円を支払い、1年半の間のアパート代は請求しない、アパートの明け渡しは、6月末で原状回復が出来ているかを確認し、鍵を返還したら、2017年7月7日に残り25万円を組合に振り込むという和解となりました。本人は現金100万円を貰った時に、解決したことを実感して、ホッとした気分になりました。すでに新しいアパートの確保ができていたので、6月末までに明け渡しをするためにがんばりました。

 自分一人で何とか解決しようとするのではなく、迷うことなくすぐに労働組合に足を運んで相談し、仲間と共に互いに助け合いながら、労働者の力を結集させて闘っていくことが、ユニオン全体の、労働者全体の力になります。これからも共に闘い、団結して頑張っていきましょう!!





『 東芝関連ユニット、これからも躍進します。 』

kage

2017/07/21 (Fri)




siba.png






MWG闘争、裁判へ突入

kage

2017/07/20 (Thu)


☆ MWG闘争、裁判へ突入
――― 松尾製作所 ―――

 昨年の松尾製作所の団交で会社は組合の要求した全ての事項に対し、ゼロ回答でした。さらに、会社は新しい弁護士を任命して、2017年2月20日の団交に出席しましたが、慶弔休暇すら認めない、通勤手当も認めないというものでした。組合は、組合員の総意に基づき、17春闘要求につき、「17春闘賃金上げ」として契約社員の賃金を4月1日より、1時間当たり、一律150円引き上げること、夏季・冬季一時金6か月分の支給、昨年10月20日に要求した「一方的に切り下げた賃金に対して労働条件の不利益変更の改善のため、遡って昨年9月1日から従来通りの計算で支払うか、賃金下げにならないようにすること、労働契約法20条に基づき、有期雇用労働者に対して、正社員に支払われている食事代の補助、通勤手当、住宅手当、家族手当などの諸手当の差別をなくすこと、会社で働いている労働者が、外国人労働者ということで差別的な扱いにたいして、同じ人間として誠実に接すること、男女賃金差別なくすこと等」の要求をすべて実現することをあげて誠意のある回答を求めました。

 会社が時間かせぎをして組合に成果を出せないようにして、組合が拡大しないようにして、つぶしたいということを2017年2月21日中谷先生に、伝えて、裁判の準備を依頼しました。

 会社は、相変わらず、団交の開催を先伸ばしして、ようやく5月11日18:00~開催となりました。同じ日に午前10:00から中谷先生と裁判へ提訴するために、打ち合わせをしました。マツオ・ワーカーズ・グループリーダー3人を選出して、訴状の準備をすすめましたので、メドとして、5月末日までに訴訟を起こすことになりました。

 5月11日18:00~組合側、名古屋ふれあいユニオン、静岡ふれあいユニオン、ユニオンみえ、マツオーワーカーズ・グループが参加して会社側は、新しい弁護士と役員が参加しました。

 組合の要求に対してゼロ回答でした。会社は不誠実な対応が続いているので、組合は、裁判をできるだけ早く提訴するために、5月25日午前10時~中谷弁護士と打ち合わせをしました。その後、2017年6月2日名古屋地方裁判所に提訴しました。
さらに、組合は、松尾製作所で働いている組合員の団結を強めるため、及びMWGに新しいメンバーを加えるために、7月2日9:00から豊明市内で場所を確保して、争議の報告と組合の運動と闘いの意義と団結の必要性を説明するため、交流の場も設けました。

 ユニオンみえは有期雇用の労働者に対して、正社員との差別をなくす運動を高めるため、MWG闘争を機会に組合員の一人一人の力を結集して、外国人への差別や有期雇用の差別なくす運動を開始して、あきらめずに闘いを続けます。是非組合員の皆さん、団結して頑張りましょう! 



17春闘、ストライキを構えて要求貫徹

kage

2017/07/20 (Thu)




さくら