2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

カテゴリ:ユニオンみえの行事 の記事リスト(エントリー順)

2016.12.17 ユニオン塾・闘争報告集会・Xmasパーティ 開催される。

kage

2016/12/25 (Sun)


h.png



jinbu.png



 昨年の12月17日(土)、ユニオン塾に首都圏青年ユニオン前委員長の神部紅(じんぶ・あかい)さんを講師にお招きし、お話をして頂きました。神部さんは冒頭、「貧困・格差問題は労働条件を上げていかないとダメ。福祉(政策)では救われない。」と、根本的な解決には私たち労働組合が最低賃金を上げたり、労働条件を勝ち取る以外無いと訴えられました。今現在、日本では年収200万円以下のワーキングプアと呼ばれる人が1139万人。実に労働者の4人に1人がそれに該当すること。これを無くす為には、正規社員と非正規社員との格差、つまり、差別的待遇を無くすことが重要であること。非正規だと年収も少なく、生活していけないので、ダブルワーク・トリプルワークにつくことにもなり、疲労や過労から体調を崩したり、精神面での不調を来たすことにもつながりやすい。

 また、今現在暮らすのに必要なお金を持っていないと、せっかく仕事を見つけても働いた後になって給料を貰うことになる為に、目先のお金につられて日払い・週払いの仕事に飛びつくことになる。また、神部さんは、ブラック企業の相談にも乗っていて、辞めたいのに辞められない労働者の構造の問題についてブラック企業に不本意依存の状態にされること。具体的な例として、仕事上のミスで店の物品を壊してしまった場合に損害賠償を請求され、そのお金を払えずに会社(ブラック企業)の言いなりにされる状態になっていることが話されました。
 また、コンビニ大手のS社でも、アルバイト店員に対し15分単位での賃金計算しかされておらず、15分未満の場合は切り捨てにされたり、着替え時間が勤務時間に含まれていない不払い賃金が日常化していたこと、これに対して労働時間管理上も1分単位での残業計算をする様申し入れ、改善を勝ち取ったこと等が話されました。非正規の人たちの労働条件を改善するのにも、最低賃金の引き上げが重要であることが、マクドナルドの賃上げ行動を例に、店の前での抗議行動をすることで社員に訴えて行く取り組みが紹介されました。

 引き続き、この3ヶ月間での解決・闘争報告集会が行われ、SPUの仲間が解雇攻撃にも屈せず1年以上に渡る三重工場への就労闘争やデモや抗議集会等により、仮処分裁判での勝利等によりジーエルと和解、希望者の職場復帰を勝ち取ったことが報告されました。

クリス


 また、伊賀市にある食品リサイクル会社のトヨカフードリサイクルの闘いが報告されました。愛知県のダイコーによるCoCo壱番屋のビーフカツ横流し事件に端を発した県当局による産廃会社への立ち入り検査により、違法行為が発覚し、会社に営業停止命令が出されました。会社は、見通しも示さず、「解雇はしない。定時分は出すので、掃除をしてもらう。」と言ってきました。自分から退職するよう仕向けてきたのです。賃金は半減し、生活できません。先の見通しも立ちません。埒があかないので、組合は会社に会社都合退職での離職票の発行、解雇予告手当、解決金の支払いを求め、解決しました。
 フジミ企画・サカキバラコーポレーションと1年以上に渡って闘ってきたYさんも、労働委員会の和解案を受け入れ、解決となりました。Yさんは、会社前での抗議行動や作業場内において、果敢に闘い、ひとりでもストライキで会社を追いつめる行動を展開し、ひとり加入の組合員の見本となる闘いを繰り広げてきました。
 その他、雇い止め・パワハラ等で闘っている仲間の紹介がされました。また、今現在継続中の闘いとして、斉木運送・四日市生活環境公社・上辻土木に対するSさんの闘いが紹介されました。これからも、皆さんのご支援をお願いします。

k.png


 報告の後、クリスマスパーティが行われ、手造りのケーキ・鳥の丸焼き・ピラフ・ポトフの料理が出され、皆でお腹を満たしました。最後は恒例のビンゴゲームで盛り上がりました。1番人気は何と言ってもお米。津ドライビングスクールの松本組合員が育成した一志米は断トツの人気で、あっという間に無くなりました。
 松本さん、ありがとうございました。



<Don2 62号より>


11.27 ユニオンみえ&ユニオンサポートみえ共催                                      『TPPでどうなる?食と暮らし』 講師:鈴木宣弘さん(東大) 開催される。

kage

2016/12/24 (Sat)



11.27 公開講座 ユニオンみえ&ユニオンサポートみえ 共催

「 TPPでどうなる?食と暮らし 」 が、開催されました。

 

 11月27日、東大の鈴木宣弘先生による、『TPPでどうなる?食と暮らし』と題した講演会が津市のサン・ワーク津で行われました。ユニオンみえとユニオンサポートみえの共催によって開催されました。

 鈴木先生は、農林水産省での勤務の経験も踏まえて、TPP交渉の本音のところを明らかにしてくれました。TPPは、自動車の安全基準、自由診療の拡大、薬価公定制の見直し、かんぽ生命のがん保険非参入、郵便局でのA社の保険販売、BSE(牛海綿状脳症)の緩和、ポストハーベスト農薬の緩和、ISDS条項への賛成など、多方面にわたる内容を含んでいるが、いずれもアメリカの大手企業の利益を拡大しようという欲求に大幅に譲歩する内容になっていることを話してくれました。

 アメリカの次期大統領トランプがTPPは承認しないと言っている中で、日本の安倍政権がしゃにむにTPPを推し進め、国会での強行採決までして承認したことについて、トランプは、TPPではアメリカ大企業の利益が少ない、もっとアメリカにとって有利にするために二国間のFTA(自由貿易協定)に変えるべきだ、と言っているのであり、日本の国民にとって有利な条件になる訳ではない。TPP承認の強行採決はTPP交渉でアメリカに譲歩した内容を日本がすべて受け入れたものとして、これからの日米二国間交渉で日本が更に譲歩しますよ、と宣言するものでしかない、と本当のところを明らかにしてくれました。

a.png


日本の今後にとって良いことは何も無い中でも、特に注意すべき点として、鈴木先生は日本の農業が解体されることの危険について説明した。農産物関税の撤廃だけではなく、BSE規制の緩和や、農薬の規制緩和、遺伝子組み換え食品の容認など、日本農業の存立基盤をなくすような政策の導入によって、農業が果たしている食の安全だけではなく、水田がもっている洪水防止機能や水のろ過機能なども破壊して、都市生活の安全をも損なっていく危険なども話してくれました。

 スイスの卵が1個80円もするが、スイスの少女が「これを買うことで生産者の皆さんの生活が支えられ、そのおかげでわたしたちの生活が成り立っているのだから当たり前でしょ。」と言ったそうです。食の確保と安全性について子供の頃から充分教育されることがどれ程大切か。話の中で、特に印象に残りました。


<Don2 62号より>




6.11 ユニオン塾 & 闘争報告集会

kage

2016/07/25 (Mon)


6.11 『ユニオン塾』 底辺に置かれている労働者の政治を
いかにしてつくり出すか



 6月11日、三重大学人文学部准教授の北川眞也先生を招いて、『安倍政治の問題点』についてお話をして頂いた。参院選の前で安倍政治について勉強した。

611ユニオン②


安倍政治が、「大企業の利益があがれば中小企業や労働者へそのおこぼれが流れていく。」といって、金融や財政で大企業に大盤振る舞いをやったように、大企業の利益に沿った政治を行っていることははっきりしている。残念ながら、利益の方は一向に下に落ちてこない。安保政策でも、アメリカと一緒になって世界で大企業が活動できやすいようにアメリカ主導の世界戦略の一端を担う方向で動いている。安倍政治を追認してゆけば、日本はますますアメリカ主導の現代の世界戦争の一端を担うようになっていく。

 北川先生は、安倍政治に反対する運動についても問題を提起された。昨年の安保法制に対する反対運動が、今回の参院選での野党共闘に集約されようとしている。しかし、ここには月20万円以下の収入しか得られない労働者はほとんど関わっていない。底辺労働者は、いま大きな層として存在している。選挙などの代議制の政治では表現されないこうした労働者が政治に登場できるような状況ができないと、日本社会が大きく変わらないのではないのか。

 まだ答えはわからない。ユニオンみえに参加している多くの仲間は、底辺におかれていると思う。わたしたち自身の政治への登場とか、政治的表現の仕方があるのかも知れない。そんなことを考えさせられた北川先生のお話だった。





6.11 解決 & 闘争報告集会

 ユニオン塾を終えた後で、北川先生にも参加して頂いて、ユニオンみえの解決&闘争報告集会が行なわれた。外国人組合員も含めて30名程が参加した。

611ユニオン①



 解決報告では、3~6月に解決した8件が報告された。マルサンでは、シャープ闘争での仮処分勝利で、会社側が期間労働者でも一方的な雇い止めができないことを認識して、相応の和解金を出して解決することになったことが報告された。争議が解決した後での当該組合員の参加が少なく、少し寂しい感じがした。

 闘争報告では、多くの組合員が参加した。現在闘争を継続している25件の例が報告された。シャープ闘争では、ジーエル・ミエテック・シャープに対する本訴がいよいよ7月21日から開始される。いよいよ本格的なたたかいが始まる。解雇・労災かくし・パワハラなど様々な不当な扱いを受けて、多くの仲間がたたかっている。

 パーティーを兼ねて互いの激励も含めて、これからも3ヶ月に1度の割合で闘争報告集会を続けていく。



<Don2 60号より>


6.18 『福島みずほさんを必ず国会に!! 労働者と市民の集いin三重』開催される。

kage

2016/07/25 (Mon)

 
6.18 『福島みずほさんを必ず国会に!!』 50名が結集



 6月18日(土)、三重県教育文化会館で『福島みずほさんを必ず国会に!!労働者と市民の集いin三重』がユニオンみえの主催で開催された。

 選挙前ということで、福島みずほさんご本人の出席は叶わなかったが、福島みずほ後援会市民選対事務局次長である、鴨ももよさんをはるばる東京からお呼びし、福島みずほさんからの戦争法案に関しての15分程のDVDを見た後、鴨さんに1時間ほど講演いただき、今回の選挙でも安倍政権の暴走を食い止めるために福島みずほさんに一票を投じることがいかに大切であるかをお話いただき、引き続き、全国ユニオンの関口事務局長、社民党三重県連合の佐藤代表からもお話いただいた。どなたからも闘志と熱意溢れるお言葉があり、福島みずほさんを必ず国会に送り込む志気が会場に満ちた。

 会場は、綺麗に飾られた色とりどりの花と、賑やかなオードブルが各テーブルに並べられ、ユニオンサポートみえ共同代表の宮西いづみさんの音頭で乾杯したあと、参加者は交流を楽しんだ。

m1.jpg



 宴もたけなわになった頃、みずほさんのイメージカラーであるピンク色のケーキに遠藤執行委員が『必勝』と大きくチョコのデコペンで描いた大きな大きなケーキが登場し、参加者が周囲で見守る中、鴨さんが勝利への願いを込めて入刀した。

 参加者からこんな言葉があった。
 「今日、この集会に参加して福島さんに一票を投じようと思いました。」
 この言葉を耳にできただけでも、この集会には意味があった。

 たたかいはこれから。ユニオンみえは、福島みずほさんを全力で応援していく。



▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙▣◙

m2.jpg


 7月10日、参議院選挙が行われた。この選挙は日本の将来を左右する選挙であった。結果は自民党とその補完勢力に多数の議席を与えてしまった。安倍政権はこの間、大企業や金持ちに有利な政策を推進し、格差と貧困を拡大し、原発を再稼働し、憲法違反の戦争法案を成立させ海外で戦争する国に変えてきた。ますます露骨な悪政を推進しつつある。

 一方で、私たちが必ず国会に残すべく取り組んできた福島みずほさんを当選させることができた。崖っぷちで存亡の危機にあった社民党も比例区で2%以上の票を獲得し、政党要件を満たすことができた。戦いの足がかりを残すことができた。
 また、三重選挙区では野党統一候補としてユニオンみえも応援した芝ひろかずさんを当選させ、安倍首相が大きく肩入れし、鈴木知事まで動員させた自民党の山本候補の当選を阻止した。沖縄では現職大臣を落選させ、衆参とも自民党議員を駆逐した。さらに、戦争法案を許さない市民の運動により参議院選でも野党共闘が前進した。運動にとって、大きなプラスである。

 政治と私たちの暮らしが直結する時代になった。ユニオンみえは組合員とともに、さらに政治に関わる活動を強化し、命と暮らしを守っていくことが求められている。



<Don2 60号より>



3.6 さようなら原発三重パレード

kage

2016/05/09 (Mon)


 今年も600名が、脱原発を訴えてデモ行進

gp1.jpg

 3月6日、今年も津市のお城西公園で、「さようなら原発」を訴えて、600人の人々が結集して集会とデモ行進を行った。ユニオンみえの組合員も、のぼり旗と黄色いジャケットを着て多数参加した。
 集会には、福島から「希望の牧場」を運営している吉沢正巳さんが参加されていた。吉沢さんは、福島で殺処分が指示された和牛、330頭を殺さずに飼育し続けている。牛を生かすことで、原発事故の不当性を強く示されている。


gp3.jpg
 デモは途中、中部電力三重支店の前で、浜岡原発の再稼働を目論む中電に対し、「浜岡原発の再稼働反対、ただちに廃炉にしろ。」と強く叫んだ。


<Don2 59号より>





  

2.28 福島みずほ さん  四日市で講演

kage

2016/05/09 (Mon)


mizuho.jpg
2月28日、四日市総合会館で「みえ・みずほ会」が主催する、「どうなる日本の未来 パート3 福島みずほと語ろう」が、開催され、この7月に行われる参議院議員選挙で再選を目指す福島みずほさんご本人が熱弁をふるいました。

 約100名の参加者で会場は埋まった。福島みずほさんは、日本の現状や国会における表から裏の話までを、細かにわかりやすく、しかもテンポよく話された。
「格差解消、若者が夢をもてる世界へ。民主主義と平和がしっかりと守られた国づくりと原発のない社会を。」を軸に、福島さんに時間内におさめていただくのは勿体ないほど、充実した内容をお話いただいた。

 昨年夏、安保法制に反対する集会やデモ等の運動が、国会前を中心に日本全国で拡がった。戦後の日本、国民がこんなにも一致団結し、国の動きに反対する大きな運動は数少ない。覚醒した国民は民主主義を訴え、安倍の暴走を強く批判した。当時の国会内部の与野党の攻防の渦中にいた福島さんから、あの夏の国会の外、つまり国民が主張していた民主主義は、間違いなく野党の心を揺さぶった。しかし、国民や野党の声を聞かずに安保法制を強行採決させた安倍政権は、民主主義の”み”の字さえ、心の片隅にも無かったこと。
 約1時間半お話いただいたあとは、会場からの質疑応答があげられ、働く現場や生活の中からの生の声が福島さんに届けられた。その声に対し福島さんから言葉をいただき、講演会は、まさに”福島みずほさんと語り合う”ことのできる内容だった。

 講演終了後には福島さんとの握手&撮影会があり、希望者が列をなした。

 夏の参院選に向け、ユニオンみえも、福島みずほさんを国会に送るための応援・運動を展開していく。 



<Don2 59号より>