2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

カテゴリ:未分類 の記事リスト(エントリー順)

* 9.16~9.19 韓国労組訪問 *

kage

2014/10/29 (Wed)

 9/16(火)韓国ソウル着 (塩田委員長・広岡書記長・福田専従・森の4名)現地にて今回の訪問を呼びかけていただいた今年4月まで岐阜の中部学院大学にみえ、東洋大学社会学部教授に移られた文貞實さん・今回のコーディネーターのイ・チョンさん(労働問題の映画で山形国際映画祭にて受賞経験のあるドキュメンタリー作家)<共に女性>と合流し、夕食を兼ねた打合せを行いました。
 
 翌日から訪問させて頂いた労組は、以下の通りです。
9/17(水)『金属労組』未組織労働者組織室長ナ・ギョンオン氏と副委員長のホン・ジウク氏から、 正規・未組織が製造業の派遣に多く、金属労組が上部団体として支援しているという話をお聞きしました。続いて、『釜山一般労組』の初代委員長チョン・イウォン氏は、現在、全国地域業種一般労組(中小企業、未組織労働者の組織化セクション)委員長で、2001年に韓国で初めて、一般労組(ローカル・ユニオン)を組織化した時のお話を聞くことができました。


韓国労組訪問


 9/18(木)は『移住労組』をサポートする組織を訪問させて頂きました。移住労組は、外国人だけで結成されている組合で、当局側のサボタージュで交渉権はまだ認められておらず、歴代委員長への弾圧と強制送還を繰り返し受けながら闘っている組織です。次は『労働者の歴史労組』のYang Gyu Heon氏を訪問。民間の労働運動の研究所で1980年の派遣法を契機に立ち上げられ、その当時の激動する韓国の労働運動の歴史を教えていただきました。そして、最後の訪問先となった『社会進歩連帯』JUNG Young Sup氏からは、1998年に左派社会運動家を中心に組織され、現在会員200名、サポーター600名で活動している若者の多い組織で、移住労組と連帯しておられる現状と、これからの労組のありかたと展望についてお話頂きました。
 最終日の9/19(金)は、帰国前に、昔の両班(リャンバン)の居住地域であった北村(プクチョン)と、景福宮(キョンボックン)<王宮>を散策し、韓国の歴史に触れることが出来ました。

 と、以上ですが、私にとって、初海外である韓国はとても刺激的でした。まずは、仁川国際空港に降りた時から感じた独特の『匂い』、屋台村や東大門市場の夜遅くまで続く『人の熱気』。屋台のスイーツ、朝食のうどんやお粥、チゲ鍋、焼肉等何をとっても『美味しい食べ物』、張り巡らされた地下鉄網、斬新なデザインの高層ビルや高層マンション、カフェやセブンイレブン(価格は日本と変わらない)が多い『現代的な表の顔』、それらの『エネルギーのるつぼの中にいるような雰囲気に』飲まれてしまいそうなほどでした。


韓国労組訪問2


 しかし、一歩路地に入ったゴミゴミとした狭い通りには、一変して『人の汗』と地を這うような『庶民の匂い』がありました。物価は決して安いとは言えず(セブンイレブンの価格は日本と変わらない)、何よりも韓国政府の最低賃金が約5,700ウォン(約590円)と非常に低いだけでなく、非正規労働者が半数以上の韓国で、大企業以外の中小零細の非正規労働者の多くが最低賃金にさえも届かないという実態に驚きました。又、10~20代の非正規労働者のソウル南・釜山・アンサン・テグの四大工業団地での平均時給は6,524ウォン(約680円)で、夜勤を含めて1650,000ウォン(約17万2千円)が平均月収と言う事ですから、いかに長時間労働を強いられていることかがわかります。また、韓国の最低賃金、もしくはそれ以下で働く労働者の割合は、中小零細企業で約半分の割合と相当厳しい状況です。
 
 表通りからでは決して知ることのできない韓国の労働者の実情を知ることができ、日・韓の非正規問題を考えると、改めて「階級闘争を前提としない労働運動は、労働組合とは言えない。」との各労組や研究所での言葉や、「韓国政府は日本の労働政策の真似をする。」と言われていた労組幹部の言葉が印象に残る旅でした。
                    (ローカルネット  森)




SPUに次ぐ、フィリピン人組織が誕生       - 大森鉄筋 -

kage

2014/10/29 (Wed)

 松阪にある鉄筋加工工場、大森鉄筋。会社はこれまで多くの外国人労働者を雇用保険にも社会保険にも加入させてこなかった。これから加入する条件に、賃下げに了承する旨の書類にサインすることを会社から要求されたことと、その他労働条件に不満があるとして、多くのフィリピン人労働者が組合員となり、シャープ・ピノイ・ユニティに次ぐグループとなっていくであろう勢いをもった組織が、Matsusaka Tekkin Workers、通称M.T.Wとして結成された。

 会社は、社保加入することで、会社負担が出てくることから、労働者に対して、9月から定時分の賃金を切り下げ、従来8時間分の賃金を支払ってきたのを、7.5時間分しか支払わないこと、および、これまでは休憩していた時間も含め支払ってきたところ、22時以降の実際に働いていた時間に対してしか払わない、時間外手当も払わないという旨の書類に、労働者のサインを強要している問題が起きていた。
組合は、9月1日にユニオンカーで会社へ行き、組合結成を通告。会社からの一方的な労働条件の不利益変更であり、認められないとして、すでにしてしまったサインに関しては、違法な動機に基づく労働条件の切り下げであることから、サインは無効であると主張。

 加えて、社保加入希望者は全員9月より扶養家族を含めて速やかに加入させることや、通勤手当(ガソリン代)を過去二年間に遡り支払うこと、正社員との格差を無くす賃金設定、有給休暇取得の権利の主張と、各人の残日数を明示することを要求し、この要求に基づいた団交開催を申し入れた。


鉄筋


 社会保険加入、有休を与えることは会社の義務であり、このことを理由に労働者の賃金を下げるようなことは決してしてはならない。賃下げなどもってのほかだ。むしろ労働者は、社保加入するにあたり本人負担分として給与から引かれる分、手取りが少なくなってしまい、今までもギリギリだった生活が、増税や物価の上昇も伴ってより逼迫したものになってしまう。組合は、第一回目の団交において、まずは賃金を従来の8時間分で支払うよう、強く要求した。また、賃金に関しては、10年間勤務し続けて1回の賃上げもなかったメンバーもいることや、太い鉄筋と細い鉄筋を扱う労働者の賃金格差について、細い鉄筋を扱う労働者のほうが高い賃金をもらっていることがあり、納得できないとして、訴えた。それに対し会社側は、太い鉄筋は確かに重労働だが、細い鉄筋を扱うには技術を要するという理由で、そこで発生している賃金差についての変更は難しいとの回答だった。

 会社は、使用者として労働者が感じる不公平さを是正していき、すべての労働者に公平さを感じてもらえるよう図る責任がある。経営は難しい。人を使うことは難しい。その数が多ければ多いほどそれは困難になる。
 
 会社側にはまたもや青山弁護士が登場してきた。「会社全体を良くしていくために、法律は遵守し、会社も出来るだけ努力をする。」とは返答したものの、弁護士が語る建前にしかすぎず、その後、会社は職場で組合員に対し、様々な嫌がらせを始めている。


 大森鉄筋のこれからに注目・応援をよろしくお願いします!






- マックスバリュ中部 -            パートの待遇改善を約束させ、五ヶ月の闘いに幕

kage

2014/10/28 (Tue)

4月28日の第1回目団交から、6回の団交を重ねたマックスバリュ中部のKさんの闘いが、ついに幕引きを迎えた。


mv.png


 
  K組合員にうつ病の診断書が出され、7月15日の第5回目団交では会社に対して、K組合員の休業中の生活保障を求めた。K組合員は週25時間のパートで、所定労働時間がフルタイムの4分の3以上ないパート従業員は社会保険に加入できず、傷病手当も受けられないため、何らかの方法で生活保障するよう要求した。会社は社会保険への加入は難しいとして、イオングループの共済会が管理している私傷病見舞金を充てることを返答したが、1万円くらいの見舞金の支払いしかなく、話にならない。また、加入した実績もない企業内組合の組合費を会社が勝手に天引きしていた件も解決されないままで、K組合員の闘いは6回目の団交へと続くこととなった。

 組合は、終結をはかるための一括解決として、およそ年収分の解決金と、8月末での合意退職、会社都合での離職票発行、パート従業員の賃金の底上げと労働条件の改善に努力することを条件にした協定案を提出。
最後の団交は8月6日に開催され、その日は持ち帰り検討ということになり、その後は、名古屋の青山弁護士が代理人となり協議が重ねられ、その結果、当初組合が要求していた金額の半分の解決金の支払い、会社都合での離職票発行に加え、『会社は今後、パートタイム労働者の賃金について最低賃金法等を遵守することはもちろん、その底上げをはかり、パートタイム労働法に基づいた労働条件の改善をするよう務める。』という文言を入れた協定書を交わし、解決した。


 第1回目団交の4月28日から、9月22日の協定の締結まで約5か月を要したK組合員の争議が、ようやく解決した。
交渉の中で、会社が明和・多気町の店舗において、パート従業員の賃金を最低賃金ギリギリで使っていることも明らかになった。その理由を会社は、「それでも募集をかければ人が来るから。」と回答してきた。日本最大のスーパー『イオン』の直系の子会社であるマックスバリュ中部が低い最賃を悪用し、労働者を搾取することは許されない。K組合員の賃金は時給860円しかない。県最賃審議会に「このままの賃金ではとても生活できない、少なくとも三重県の最低賃金はこの10月に1000円に引き上げてください。」と、意見陳述を提出した。


最賃2


 大手スーパー相手に長い争議を終えたK組合員に、感想をお聞きした。
「 私は悲しかったんです。この会社はパートの女性ばかりなのに、正社員ばかりが優遇されていました。私の声を聞いて欲しかった。その者の立場になって理解する姿勢を示さなければ、会社は良くならず、何も変わりません。
でも、今回ユニオンの力を借りて闘ったことで、円満解決とすることが出来ました。ありがとうございます。私一人の力は小さいけれど、皆で団結した力は大きいです。みなさんもユニオンと頑張りましょう!」


 現場の目から見た労働環境の実態、それがマックスバリュ中部の上層部の耳に届き、改善しようと努力されていく。某有名刑事モノで「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」という有名なセリフがあるが、どこの職場でもそれは言えることだろう。どんな大きな事も初めは一人の声から始まる。今回の問題では、組合員を組織化することは惜しくも無かったが、大手企業にとっての良い勉強になったのではないだろうか。たった一人でも、現場の声を伝える事の大切さを、K組合員は教えてくれた。
マックスバリュ中部は、ユニオンとの協定を守り、これから賃金の底上げ、パート労働法にのっとったパート従業員と正社員との溝を埋める努力を期待したい。闘える組合員はKさんだけではない。


 K組合員、お疲れ様でした!











突然の経営者交替に団結してたたかう

kage

2014/10/28 (Tue)

 
 亀山自動車学校では、従業員に対してパワハラを繰り返していた前校長が、ユニオンの追及の中で今春退職し、労使関係がほぼ正常に戻っていた。春からは春闘がたたかわれていた。学校は、組合の要求に対して教官を中心とする正規職員への一定の賃上げを認めてきた。しかし、期間雇用の事務職員やパートタイムの用務員の賃上げにはなかなか応じてこなかった。



 昨秋以来の校長のパワハラ等に対するたたかいは、事務職員も含めた組合員全員で団結してたたかってきたものだ。交渉を重ねてきたところ、正社員が原資を配分するなら認める、というところに到った。ユニオンは、正社員の賃上げを一定抑制し、事務職員や用務員の賃上げをおこなう提案を、組合員の合意のもとにおこなってきた。この線で学校との協定が結ばれるところまできていた。
 
 
 9月20日、学校側が団交を申し入れてきた。今までの団交には必ず出席していた弁護士は出席せず、社長と見知らぬ3名の人間が学校側代表として出席してきた。その内の一人が、突然、前日に開かれた株主総会で社長が交替したことを告げた。発言した人物は、「大阪の都島自動車学校の社長をしている。」と自己紹介をして、自分が新しく亀山自動車学校の社長に就任したことを告げた。
 
 新社長は、その場で、 ①従業員全員、一旦解雇する。 ②11月1日に新会社を立ち上げて、希望者に移籍してもらう。 ③今月中に個人面接をおこなう。 ④労働条件などは今後1年間は現状のまま維持する。 ⑤退職金は払えないので新会社に在籍期間を引き継ぐようにする。などを一方的に発言した。
 
 亀山自動車学校の前社長は、組合に一言の話もなく、秘密裏に学校を身売りしたのだ。彼は、この団交の席でもほとんど発言をしなかった。従業員を信頼しないで、自己保身をはかり、私利に走った無責任さを暴露することになった。
 
 ユニオンは、ただちに反撃の体制を整えた。亀山自動車学校分会は、教官の全員が組合に参加している。結束力の強い組合だ。新しく社長となった人物と、前の社長に対して、経営権譲渡の経緯と財務内容の提示を求めて団交を求めている。


 組合員の労働条件が不利にならないよう、とことん追及していく。





フィリピン台風被害報告

kage

2014/05/08 (Thu)

 フィリピン台風被害報告 

ピノイユニティの仲間の家族が昨年の台風の被害に遭いました。ユニオンみえのカンパで勇気づけられたと言っています。今回、フィリピンから帰ってきて現地の報告をしてもらいました(編集部)

 

私が住んでいる島はビリランです。大体10%20%の家が全壊していることを確認し、無くなった人は7人ぐらいでした。しかし、一番大変は農業です。今のところ何も出来ない状態になっている。だから、安全な食べ物が足りないし、薬「特に解熱、咳、痛み止め」が必要です。避難場所が足りない状態になっているので、テントがあれば助かります。
フィリピン001」

写真はアンディさんが支援金で集まった食物を袋に分けている所です。

 

私の家族は生き残ったが、まだショック状態で、回復に向っています。私が住んでいる地域はインフラが完全にダウンした状態で、まだ電気が回復していないです。お陰様でお母さんの家が奇跡的に残って、いま何人かが、お母さんの家で避難している。

皆一つの輪になってお互いに助け合うと言う意味でのタガログ語「BAYANIHAN」で皆にお互いに励ましています。それで、ユニオンみえのメンバーの協力で集まったカンパで物資を購入して、皆に配りました。自分で撮った写真も送りますので、皆に見せてください。ユニオンみえの組合員全員に誠に感謝します。どうもありがとうございました。

SPU アンディ)
フィリピン002

アンディが撮った写真はお母さんの住んでいる所の近所の家です。ほとんど吹き飛ばされて残っていません。



静岡地裁・不当解雇撤回を求めた裁判を傍聴して

kage

2014/05/08 (Thu)

静岡地裁・不当解雇撤回を求めた裁判を傍聴して
3月19日静岡の裁判闘争の参加報告をKさんに依頼しました。以下その報告です(編集部)

こんにちは、去年からユニオンみえに加入しました、Kです。

319日に傍聴した裁判の感想を簡単にですが、みなさんにお伝えしたいと思います。

この日、私を含めた4名の組合員で静岡地方裁判所に向かいました。5年にも及ぶ裁判の最後の山場を見届けるためです。
 裁判所に到着し、傍聴席は満席になっており、ほぼ組合員で構成されていました。立ち見する事ができず、座席の数が足りないため、外で待っている組合員もいました。私たち4人は、「三重県から折角来てくれたので」と席を譲っていただけましたので、傍聴することができました。
 この裁判は原告Wさんが被告・県民厚生会O元常務よりパワハラを受け、不当解雇された事に対する審理でした。

 裁判はひどい内容でした・・・、まずは原告の口頭弁論から始まりました。Wさんのはなしを聞いているとO元常務が行ってきた悪行とは、勤務表の改ざんを命じ、それによって不正にお金を受け取っていた。その悪事を内部告発したらパワハラを受けた・・・

Wさんはとても辛い思いをしてきたことがわかりました。口頭弁論が終わり、被告側の弁護士がWさんに質問を始めました。
 何を聞いてくるのかと思えば・・・ 被告側の弁護士から「Wさんは以前、泣き崩れたとおっしゃっていましたが、どのように泣き崩れたのですか?泣き崩れるほどまで泣いたのですか?」こんな質問が実際に行われました、意味がわかりません。傍聴席から当然のように野次が飛びました。「関係のない質問をするな!」私も言いたくなりました。こんな質問しかできない所を見ると、被告側の弁護士は、もう打つ手がないようにみえます。

原告側の口頭弁論も終わり、次はいよいよ被告側の口頭弁論でしたが・・・

印象に残っている事は、裁判長が嘘ばかりを並べるO元常務に対して呆れていた。

O元常務が原告側弁護士のいくつかの簡単な質問に対して「わからない」としか答えなくなり、傍聴席から笑いや野次が溢れていた。

本来なら裁判長が笑いや野次を「静粛に」と止めるところを・・・なんと止められませんでした。判決はもう決まったのではないか、そう思えてしまう内容でした。