2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

光洋熱処理、「派遣」装い労働者受け入れ

kage

2009/08/22 (Sat)

――三重労働局、職安法違反で文書指導――

■労働局、直接雇用を推奨
「労働者派遣」を装って
労働者の供給を受け入れ、
職業安定法に違反したとして7月24日、
トヨタグループの自動車部品メーカー・
ジェイテクトの子会社・光洋熱処理
三重労働局が文書指導を行なっていたことが
明らかになった。
 
是正指導を受けたのは、
奈良県大和郡山市に本社を置く
人材派遣会社・アドパーツと、
トヨタ系の金属熱処理会社・
光洋熱処理(代表取締役社長:前山義孝)。
三重労働局の是正指導書などによると
光洋熱処理は、
アドパーツ三重支店責任者が
個人的な人脈で募集した労働者に
事前面接を行ない、
面接の結果 自ら採用した労働者を
わざわざ「派遣労働者」として
自社に派遣させたという。

アドパーツ三重支店は当時、
労働者派遣法に基づく許可・届出などを
行なっておらず、
労働者の一部については
光洋熱処理とアドパーツとの間で
労働者派遣契約さえ
締結されていなかったという。
 
アドパーツから光洋熱処理へは、
最大14名が「派遣」されていたが、
今年2月に解雇。
そのうち4名が
三重県の個人加盟制労働組合・
「ユニオンみえ」に加盟し、
光洋熱処理への直接雇用を求めて
三重労働局に是正申告を行なっていた。
三重労働局は光洋熱処理に対し、
直ちに労働者の雇用の安定を図るための
措置を講じたうえで、
労働者供給の受け入れを
即刻中止するよう文書指導。
雇用の安定にあたっては、
光洋熱処理による労働者の直接雇用を
推奨したという。

■労働者が会見で「『派遣』の体をなしてなかった」
二重派遣や三重派遣などの
多重派遣でない事例で、
労働者派遣法違反ではなく、
より厳しい職業安定法違反で指導がなされるのは
極めて異例であるという。
 
解雇された労働者らでつくる
「ユニオンみえ」光洋熱処理ユニット代表の
対馬純さん(38)は8月7日、
三重県庁内で記者会見を行ない、
「光洋熱処理とアドパーツとの間の契約が、
 もはや『派遣』の体をなさないほどに
 デタラメであったということだ」

「アドパーツから光洋熱処理には
 最大14人が派遣されていたにもかかわらず、
 企業間の労働者派遣契約書は
 6人分しかなかったし、
 その6人分も実際の勤務内容と違っていた。
 私たちはさらに、
 光洋熱処理の親会社・ジェイテクトからも
 作業スケジュールの調整・
 段取り計画などと称して
 直接指示がなされていた。
 光洋熱処理が『シフト表』を組み、
 派遣会社の頭越しに
 私たちを休業させていた実態もある。
 これでは、
 私たちの真の雇用主は
 光洋熱処理だったとしか言いようがない。
 光洋熱処理は
 直ちに労組との団体交渉に応じ、
 労働局の指導に従って
 私たちを直接雇用してほしい。
 私たちは直接雇用を求める訴訟も
 準備中だ」

と語った。

■派遣会社「当時の支店長の独断」
一方、
指導を受けた派遣会社・アドパーツは
「ユニオンみえ」へ宛てた書状で、
『光洋熱処理亀山工場の部長と
 当社の三重支店長が結託して、
 職業安定法違反を免れるために、
 労働者派遣と偽って
 労働者供給事業を行なっていたと
 言わざるを得ない。
 三重支店長は
 当社の派遣労働者の名目で
 労働者を募集し、
 この応募者を
 光洋熱処理の部長に直接紹介。
 光洋熱処理亀山工場で
 この部長が面接した上で
 採用を決定する方式をとってきた』
 
『当初は、
 そうした採用決定の後に
 労働者供給である事実を隠すために
 契約書を事務員に作成させていたが、
 平成20年秋ごろからは、
 その契約書面の作成をすることもなくなった。
 当初は、
 労働者派遣を装い
 労働者供給を行っていたものを、
 途中からはその装うことすら
 行なわなかったものと思われる』
 
『平成20年の12月からは、
 雇用関係に関し
 光洋熱処理亀山工場側の部長や課長が
 直接介入するようになった。
 光洋熱処理の課長が「派遣契約」に関係なく
 直接 人員配置をしたり、
 当社の意向を無視して
 労働者を早退させたりするようになった。
 光洋熱処理の部長が
 「派遣」労働者の解雇を、
 名前まで指名して直接指示してきた。
 当社三重支店長は、
 「この業界ではどこでもやっている」と
 違法を正当化していた。
 当社は三重支店長に対し、
 背任の疑いも持っている』

などとしている。
 
また、
対馬さんらが就労していた光洋熱処理は
「ユニオンみえ」との団体交渉を
「雇用契約がない」の一点張りで
拒否しているが、
毎日新聞三重支局の取材に対し、
「指導を受け、
 今月5日に改善報告書を提出した。
 今後は指導を受けないようにしたい」と
語っているという(毎日新聞三重版8月8日)。
(インターネット新聞JANJAN8月20日から
 加筆転載)


【参考記事】
光洋熱処理は派遣社員を直接雇え
光洋熱処理は直接雇用を行なえ!
職業安定法第44条違反認定される(光洋熱処理)
光洋熱処理・ジェイテクト共闘代表 對馬純さん
「派遣社員」4人がジェイテクト系会社を提訴


労働組合:ユニオンみえ(三重一般労働組合)
三重県の個人加盟制労働組合。
連合単産全国ユニオン加盟。
コミュニティユニオン東海ネットワーク、
コミュニティユニオン全国ネットワーク加盟。
1958年結成。
住所:〒514-0003
     三重県津市桜橋3丁目444
電話番号:059−225−4088
FAX:059−225−4402
ホームページ:『ユニオン みえ』
http://homepage3.nifty.com/union-mie/
電子メール:QYY02435@nifty.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック