2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

総選挙が近づいてきた

kage

2009/08/04 (Tue)

【ユニオンみえニュース 広岡書記長の「放言」より転載】

総選挙が近づいてきた。
民主党がマニフェスト(政権公約)に
最低賃金を全国平均で時給1000円とする
数値目標を明記する方針を決めたと言う。
党内には反対意見も強かったとのこと。
しかし、
07年参院選の公約に盛り込まれたのに、
消してしまうと
低所得に苦しむ若者から
「後退」とみられかねないと判断し、
明記を決めたという。
政権を取る可能性が高いだけに、
政権公約として打ち出して
政権を取ることになれば、
実施しなければならなくなる。
そこで、
詭弁を弄することにしたようだ。
時期を明示せず将来目標とすることで。
何とも、
見え見えの選挙対策と言うことだ。
併せて
中小企業対策のための補助金制度も打ち出すという。

前号で私が出した不況対策
「最賃を1500円に」とは
似て非なる代物だ。
本気で最賃を1500円にすれば
景気回復は確実になる。
なにしろ日本の中で金が動きまわるのだ。
消費が確実に増えるのだ。
どこかの銀行に何兆円、
株の買い支えに何十兆円使うのとは
わけが違う。
帳簿上の経済ではなく、
実体経済、生の経済が動き始めるのだ。
払えない中小企業には
補助金を出せば良い。
民主党も補助金を言い出したが、
これまた発想が違う。
中小企業の票を逃がしたくないがために
出したもので、
これまた経済政策でも、
格差解消のためでもない。
全ては票のため。

トヨタ工機と光洋精工の合併により
誕生したトヨタの子会社ジェイテクトとこの間、
期間工の賃金問題で交渉を重ねてきたが、
最賃に近い時給1100円で働かせている。
民主党が政権を取り、
仮に最賃1000円に引き上げたところで、
「最賃に違反していないから問題ない。」と
回答してくることは確実である。
ジェイテクトは
同じ仕事をすれば同じ賃金を払うのは
当然だとの組合の主張に対し、
「法律で義務づけられていない。」として
期間工の労働条件を引き上げることを
拒否している。
年間300億円以上の利益を得(08年)、
40歳の平均年収が734万円の企業、
東証1部上場会社が、
期間工には1100円ぽっきり。
こんな事が許されるのかと思うが
これが実態だ。
この様な悪徳大企業が
横行しているのに対しては、
最低賃金を大幅に引き上げることでしか
実効のあがる方法はないのではないかとさえ
思う。
大企業に適正賃金を払わせるには
最賃引き上げだ。
払えない中小企業には補助金だ。
大企業や銀行の救済には
いくら払っても惜しくはないが
中小企業には払えないと言うことはないだろう。

話は少しそれたが、
斯様に最賃を1500円に引き上げることの
効果は大きい。
中途半端では効果台無しだ。
民主党はその中途半端を実施することにすら
及び腰だ。
派遣法に対しても、
少なくとも単純業務を禁止し、
違反者には厳罰で臨むべきだ。
民主党は
「派遣労働はなくさない。
 派遣労働者の労働条件の改善をすすめる。」
として
派遣制度を維持することを明らかにしている。
政権を取ればさらに後退し、
大企業とその意を受けて動く
大企業労組に擦り寄り、
派遣法改正にさらに
消極的になる可能性が高い。
派遣法に関しては
複雑な法律にしてはならない。
禁止が原則であり、
誰が見てもこの条件を満たすものという、
明快な基準を作り、
違反者には厳罰を科すものでなければならない。
今交渉中のパナソニック電工は
工場に派遣が認められていなかった時期から
工場に労働者の派遣を受けてきた。
「専門職偽装」の派遣労働者として。
はじめは「調査」業務、
いかにも偽装が見え見えなことから
途中から「研究」業務へ。
その後、
工場に派遣が認められ、
通常の派遣(自由化業務)に。
3年になる前に
今度は請負職場に。
実態は何も変わっていない。
派遣をはじめとする多くの法改正は
大企業が非正規労働者を安く使うために
準備されてきた。
大企業は抜け道を造ることにも長けている。
中途半端な規制では規制にならない。
逆に悪質な大企業に
合法のお墨付きを与えかねない。
中野麻美さん曰く
「悪魔のスパイラル」を
断ち切らなければならない。
民主党政権になったら、
様々な裏切り行為を目にすることに
なりかねない。
「政権政党の務め」と称して
現状追認が次から次に
打ち出されることになる。
海上自衛隊の
インド洋給油活動継続の意向を表明し、
核持ち込みに関する日米密約を
「やむを得なかった」と言ったように。
「政権が近くなったから
 考えを変えるのはおかしい。
 民主党のぶれは看過できない、
 密約を肯定するなら、
 自民党とどこが違うのか」と
社民党・福島党首が批判した。
当然だ。
がしかし、
政権を取ったらもっと露骨に出てくる。

民主党を大勝ちさせるのは間違いだ。
社民党がお目付役になって、
何時も牽制できるようにしていかないと
大変なことになる。
そのためには比例区では
社民党の議席を延ばす様に投票すること。
まわりの人にも呼びかけることだ。
選挙区で自民・民主しかいないところは
人を見て投票することだ。
1区では民主は中井某だ。
とんでもない。
自民党川崎某の方が人間的にはましだが、
自民党というわけにも行かない。
棄権しかないではないか。
今からできる方法で
良い方法があったら教えて下さい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック