2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

ジェイテクト、ついに「団体交渉に応じる」と回答

kage

2009/07/03 (Fri)

――申し入れから100日超、雇止め労働者もテーブルに――

■当初の「団交拒絶」姿勢を転換
トヨタ自動車グループの
機械・自動車部品メーカー「ジェイテクト」は、
期間従業員の雇い止め問題について、
労働組合から申し入れられていた
団体交渉を拒絶していたが、
6月22日、
「団交に応じる」との回答を
三重県の個人加盟制労働組合・ユニオンみえ
(「連合」産別・全国ユニオン加盟)に送付してきた。

ジェイテクトは今年3月段階では、
ユニオンみえからの団交申し入れに対し、
「事実内容は適正な雇い止めであり、
 労使協議が必要な事項にはあたりません」と
言い切っていた。
今回の回答は、
管理職ユニオン東海や
全トヨタ労働組合など、
各地の労働組合に対して
団交拒否を繰り返してきたジェイテクトが、
ついに期間従業員の雇い止め問題は
団交が必要な事項であると認めたものだ。

■なお悪あがきの屁理屈も
それでもジェイテクトは
悪あがきをやめようとはしない。
団交受け入れを表明した
6月22日付「連絡書」の中でもなお、
「貴労働組合組合員4名の4議題については、
 文書で何度も事実内容に関して
 ご連絡させていただき、
 また、
 6月8日の団体交渉の席において、
 それぞれについての事実内容を
 ご説明させていただいた上で、
 当社の考えも述べさせていただいたと
 認識しております」などと述べている。
これでは、6月8日に
すでに期間従業員雇い止め問題についての団交に
応じたかのような書きぶりである。

事実は全く異なっている。
6月8日の団交は、
現在なお在職中のジェイテクト従業員の
賃金問題などに関するものである。
そもそもこの交渉は、
ジェイテクトの側が
「団体交渉事項は、
 ・・・(在職組合員である)M氏に関する事項・・・に
 限ること」という条件を付けてきて、
その条件に
「応じられることを
 今回の団体交渉の開催条件といたします」
として開かれたものだ。

ユニオンみえは
期間従業員の雇い止め問題などについても
交渉を行いたかったが、
ジェイテクト側は
「あくまでこれが開催条件である」というので、
やむを得ずそれを受け入れ、
「雇い止め」された組合員の大半は
団交に出席さえできなかった
(ジェイテクト側が人数制限を行なったため)。

ところがジェイテクト側は、
自ら「団体交渉事項は、
・・・(在職組合員である)M氏に関する事項・・・に
限ること」としていた6月8日の団交の中で、
いきなり、
雇い止めされた組合員の問題についても
「説明」を始めたのである。
ユニオン側は当事者さえ
出席していないにもかかわらず、だ。
はっきり言って騙し討ちに等しいやり方だ。

こんなやり方で
「6月8日の団体交渉の席において、
 それぞれについての事実内容を
 ご説明させていただいた上で、
 当社の考えも述べさせていただいた」などと、
あたかも今日まですでに
誠実に交渉に応じていたかのような顔をするのは
おかしいではないか。

■「3年頑張れば社員に」を信じ……
ジェイテクトがユニオンみえに対し、
期間従業員雇い止め問題について
団交に応じると表明したのは
今回が初めてだ。
雇い止めされた期間従業員らは、
今年3月6日に労組が団交を申し込んでから
100日以上経過して、
ようやく会社と対等の立場で
交渉のテーブルに着けることとなった。
時間はかかったが、
交渉のテーブルに「あのジェイテクト」を
ついに引き出せたという意味では、
第1ラウンドはユニオン側の勝利だ。

ユニオンみえ・ジェイテクトユニット代表で、
自らもジェイテクトを雇い止めにされた
福島照子さん(51)は、
「私がジェイテクトに入社するとき、
 『3年頑張れば社員になれる』と言われ、
 『私みたいなエエおばちゃんでも
  正社員になれるんや』と
 一生懸命働いてきた。
 クビになって、
 なかなか交渉にも応じないので、
 私たちの声を聞いてもらおうと本社に行った際、
 本社窓口の『森』という次長は
 私たちに『バカヤロー』と言い、
 一度は『預かる』と言った私たちの申入書を
 『受け取れない』と言を翻した。
 『男に二言はあるんですか』と聞くと、
 『あります』と開き直り、
 『(申入書を受け取ると)クビになる』と言った。
 私たちは現にクビになっているというのに、
 こんなふざけた対応は許せない。
 現在、トヨタでは残業が始まり
 休日出勤も復活すると聞いている。
 私がいた部署の外観検査は
 人手が足りなくて困っているそうだ。
 もう一度きちんと私たちを雇ってほしい」
と、
団体交渉に臨む決意を語っている。
ユニオンみえは、
こうした期間従業員らの声をしっかりと受け止め、
ジェイテクトとの団体交渉に臨んでいきたい。
(インターネット新聞JANJAN7月2日号
 掲載記事に加筆訂正)。


【参考記事】
ジェイテクトで団交拒絶続発
ジェイテクト、団交なお引き延ばし
ジェイテクト、3たび団交引き延ばし
ジェイテクト:団交開催引延ばしで100日経過
ジェイテクト、未払い賃金を「期間工」らに支払い
ジェイテクト亀山工場でストライキ決行


労働組合:ユニオンみえ(三重一般労働組合)
三重県の個人加盟制労働組合。
連合単産全国ユニオン加盟。
コミュニティユニオン東海ネットワーク、
コミュニティユニオン全国ネットワーク加盟。
1958年結成。
住所:〒514-0003
     三重県津市桜橋3丁目444
電話番号:059−225−4088
FAX:059−225−4402
ホームページ:『ユニオン みえ』
http://homepage3.nifty.com/union-mie/
電子メール:QYY02435@nifty.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック