2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

Don2 64号 フラッシュ 神部紅(じんぶ・あかい)さん  <ユニオンみえ専従>

kage

2017/07/21 (Fri)




Q. 神部さんは三重県の松阪市と関係があると聞いていましたが・・・。

A. わたしの祖父の実家が松阪の郊外にありました。小さい頃、祖父の実家に来てスイカを食べたりした思い出があります。



Q. 神部さんの生まれはどこですか。

A. 千葉県の松戸市です。高校は市川市の学校に行って、20歳頃まで松戸に居たのですが、その後、千葉市の方へ1人で出かけて内装の工事やタイル工、大工、インテリアデザイナーなど建築関係の仕事をずっとしてきました。



Q. 労働組合に関心を持ったのはどんなきっかけでしたか。

A. 建築の仕事は、ケガ・弁当自分持ちという業界でした。ちょうどこの頃、バブルがはじけて不況になり、銀行の貸し渋りが始まって、不渡り・倒産などが拡がりました。インテリアデザイナーとして契約したのですが、仕事が契約と違ったり、試用期間だとして10万円位の給料で1日12時間も働かされたりしました。「契約と違う。」と会社に言ったら、「文句があるなら辞めてもいいんだ。裁判でもなんでもしたらいい。」と言われたので、自分で裁判を起こしました。仲間もいなかったので心細かったのですが、ちょうど首都圏青年ユニオンが結成されたというニュースが耳に入りました。それなら、自分でもユニオンをつくってやろうと思いました。



Q. 首都圏青年ユニオンに参加するのではなくて、自分でユニオンをつくろうと思ったのですね。

A. そうです。2008年に5~6人の仲間と話して千葉青年ユニオンを立ち上げました。労働相談をやったりしていましたが、この年の暮、「派遣村」が日比谷であって、参加したりしていました。



Q. 首都圏青年ユニオンにはいつ頃参加したのですか。

A. 2012年に首都圏青年ユニオンの代替わりがあって、「人を探している、専従としてやらないか」と誘いがあって、引き受けることにしました。専従4人で団交をしたり、労働法制のたたかいをしたり、労組の国際会議に出席したり、色々な経験をすることができ ました。



Q. 首都圏青年ユニオンは、最低賃金のたたかいで積極的にたたかっていましたね。

A. 2013年、ニューヨークに行ってマクドナルドの最賃15㌦のたたかいを経験してきました。それで、世界と連帯して「全国一律時給1500円、今すぐ1000円」をスローガンにたたかいに取り組みました。



Q. 今回ユニオンみえの専従として働くことになって、神部さんが今思っている事はなんですか。

A. 三重県でも東海地方でも、若者がなかなか労働組合に参加できていないと聞いています。若者が困っていない訳は無いので、アプローチの仕方によって、たたかいの輪に参加してくるはずだと思っています。努力してみたいと思っています。




 神部さんが経験してきた運動を、ユニオンみえの中でより拡げて、ユニオン運動が若者の間により受け入れられるよう、私たちも一緒になって努力したいと思います。     








関連記事
スポンサーサイト