2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

6回の労働委員会あっせんを経て、勝利的和解

kage

2017/07/21 (Fri)


☆ 6回のあっせんを経て、勝利的和解

――― Nサービス ―――

 
 Kさんは2005年8月より、Nサービスに雇われ、K精機に派遣されて働いてきました。
 残業を断ったり、休んだり、病気になったり、怪我をしたりすると、派遣先からクビにされると厳しく言われたので、病気になっても休まずに無理して頑張ってきました。仕事中に転倒して小指及び肋骨骨折したときも、クビが恐くて、我慢して仕事を頑張りました。

 しかし、重たいものを持って長く働いた結果、椎間板ヘルニアとなり、2015年10月30日から欠勤が始まり、12月1日から完全に仕事ができなくなり、12月20日付で解雇されました。ユニオンみえに加入して、12月22日、派遣元及び派遣先にパワハラ、解雇、有給、直接雇用、傷病手当金、年金、アパート等々の問題解決を求め団体交渉を申し入れました。これに対し、派遣会社の弁護士は団交に応じても誠実な対応をせず、すべての要求に拒否し続けていました。

 Kさんは、傷病手当を受けながら、治療と交渉を続けました。年金事務所で確認したところ、入社後2014年4月にようやく加入しただけで、入社時から加入していればカラ期間もあるため、9年間未加入状態で、本来、年金受給が可能なところ、受給ができません。会社の弁護士は、Kさんの病状では働くこともできませんし、さらに、2016年7月31日までにアパートを明け渡さないと、法的措置を講じると圧力をかけてきました。ユニオンみえは、ただちに抗議行動に入ると通告し、さらに2017年9月2日に労働委員会にあっせんを申請しました。

 あっせんは6回におよびました。会社の弁護士は、組合の360万円での解決の提案に対し、2017年3月21日の段階で、10万円の回答でした。これに対し組合は、150万を主張。6月2日にようやく決着、当日、現金で100万円を支払い、1年半の間のアパート代は請求しない、アパートの明け渡しは、6月末で原状回復が出来ているかを確認し、鍵を返還したら、2017年7月7日に残り25万円を組合に振り込むという和解となりました。本人は現金100万円を貰った時に、解決したことを実感して、ホッとした気分になりました。すでに新しいアパートの確保ができていたので、6月末までに明け渡しをするためにがんばりました。

 自分一人で何とか解決しようとするのではなく、迷うことなくすぐに労働組合に足を運んで相談し、仲間と共に互いに助け合いながら、労働者の力を結集させて闘っていくことが、ユニオン全体の、労働者全体の力になります。これからも共に闘い、団結して頑張っていきましょう!!





関連記事
スポンサーサイト