2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

ついに組合の完全勝利!!  ― U土木 ―

kage

2017/04/24 (Mon)


 ついに組合の完全勝利!


 U土木で、解体・左官業として働いていた2名の組合員が、「仕事が無いので休んでいてほしい。」と辞めさせるための常套手段を言われ続け不安になり、ユニオンみえに相談・加入。2015年12月、組合は団体交渉を申し入れた。しかし、会社は「労働者ではない」として団交を拒否し続けてきたため、団交に応じる様、会社の前で街宣行動を展開したが、会社は頑なに応じようとはせず、2名の組合員に対し津地裁と同・伊賀支部に各々、地位・債務不存在確認訴訟を起こしてきたことから、本人訴訟で対抗し、さらに会社の団交拒否に対しては、三重県労働委員会に不当労働行為救済申立を行い、この間、闘い続けてきた。

 そんな中、2016年9月、以前から組合に加入しているGさんが、上辻土木に先の2名と同じように雇用され、同じ問題が生じていた。会社は、「確認書」にサインするようGさんに強要し、期間の定めのない社員という認識で勤務してきたGさんに対し有期契約もしくはアルバイトとして働くことを強要し、社会保険に加入させないアルバイト的な働かせ方を本人の同意を得て行おうとする「有期雇用とし、社会保険には自分の意思」とする会社にのみ都合の良い働かせ方を強いる悪質な対応を行ってきた。不審に思ったGさんはサインを拒否し、組合は団交を申し入れたが、「労働者ではない」と先の2名と同じ理由で団交を拒否してきたため、組合は団交拒否として別件で三重県労働委員会に再び不当労働行為救済申立を行った。

 裁判での証人尋問は組合員本人が尋問し、会社の社長を追い詰め、見ごたえのある展開となった。会社はその間、2名の組合員は労働者ではなく請負だという主張を繰り返していたが、現に1名には会社の労災を使っており、2名に対し業務管理も指揮命令もすべて会社が行っていた。さらに、会社のネーム入りの制服も支給し、会社の忘年会や慰安旅行にも会社が費用を全額負担していたこと等から、会社が「請負」だという主張を押し通すことにはかなり無理があった。

 さらに、これまで委員調査が続いていた労働委員会でも1月23日に証人尋問が行われた。この日はユニオンみえの統一行動日に設定され、多くの仲間が応援にかけつけた。「うちには従業員はいない」という主張を繰り返す社長に対し、県に申請して手に入れた会社の情報開示資料内の“従業員数”欄に、従業員の人数が明記されていることから、社長に「従業員欄にある○名の従業員は誰と誰のことですか。」と追及すると、社長が当該組合員の名前をうっかり述べてしまう等、終始社長を追い詰めることのできる充実した内容で尋問が展開され、労働委員会では、3月13日の和解協議にて組合の主張がほぼ認められる内容で和解することとなった。また、3月21日の裁判でも無事和解することとなり、上辻土木との闘いは、組合の完全勝利というかたちで終止符が打たれた。

 社会からひとつでも多く悪質な会社を減らすことが出来るよう、ユニオンはこれからも闘い続ける。



■  闘 い を 終 え て ・・・・・ ■

 会社から何の保障もなくクビをきられ、会社に保障を求めても返事がなく、監督署へ行っても取り合ってもらえず、すぐユニオンへかけこみました。話をきいてもらい、団交を申し入れましたが、会社は不誠実な対応でした。こんな状況にもかかわらず、最後は裁判・労働委員会ともに労働者として認められ、おおむねこちらの主張で和解となりました。思いのほか時間がかかり、終わってみれば1年半が経過していました。でも、あきらめずユニオンを信じて闘い続け、いろいろと勉強させてもらいました。
ありがとうございました。 (ローカルネット S)



<Don2 63号より>

関連記事
スポンサーサイト