2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

ホンダ・鈴鹿:期間工切りとたたかう

kage

2009/04/14 (Tue)

ホンダの拠点工場・鈴鹿製作所は
4月中に1760人いる期間工労働者を
全員解雇する。
北川組合員は期間工として、
この3年間にわたり働いてきたが
3月5日、「雇用期限切れ」を理由に
解雇された。
これに先立ち2月10日、
北川組合員は本田技研に対して、
ユニオンみえの組合員であることを通告し、
すべての期間工の権利を守るために
要求書を突きつけた。
会社は団交には応じはしたものの、
組合が要求した一切の項目に対し
首をたてに振らない。

北川組合員は解雇期限の1時間前から、
解雇の撤回を求めて
無期限のストライキに突入した。
ストライキ決行中の横断幕が
本田技研・鈴鹿製作所の正門に
張り出された。
北川組合員は毎朝8時前に
会社に出社し、
就労闘争を続けてきた。
正門前に立って総務課に連絡を入れ、
出社したことを告げて、
仕事の指示をあおいでいる。
会社がストライキ決行中の横断幕を
勝手にはずすと、
引き取りに行って再び張り出す。
今度は、
横断幕の数を増やして張り出す。
根くらべのたたかいが続いている。
北川組合員に加えA組合員も公然化。
B組合員らも非公然で加入している。

期間工労働者たちが使っていた寮は
少しずつ人が居なくなっている。
Cさんは新しい寮に住んでいるが
埼玉や浜松の工場からやってくる
正社員のために寮をかわるよう
会社に通告された。
この件について団交で追及し、
本人も拒否したところ、
その後は何も言わなくなった。
わずかではあるが成果はあがっている。
北川組合員は3日以内に
寮を出るように通告されたが拒否し続け、
今も寮から会社に出社し、
引き続き津市のユニオンの組合事務所に来ている。

ホンダはこの間5.3兆円もの内部留保金を
ためこんでいる。
期間工一人にあたり
60万円支払うと報道されているが
真っ赤なウソだ。
初めからの契約(「慰労金」)以外、
たった3万円しか払わないのに
60万円払うと公表している。
ホンダは期間工切りにあたって
「苦渋の選択」などと言っているが、
一体、どこが苦渋の選択なのか。
内部留保金としてため込んだ5.3兆円の
わずか5万分の1だ。スズメの涙にもならない。
しかも組合の要求にはビタ一文出さないという。
ホンダもトヨタと同様、
期間工を安上がりの労働者として
使い捨てる本性を公然とみせてきた。
2ヶ月毎の更新で3年間も働き続けてきた
北川組合員は
期間の定めのない労働者としての資格を
もっている。
期間工切りが横行する風潮にくさびを入れて、
企業のやりたい放題の労働政策に
風穴を開けていくたたかいを、
本田技研・鈴鹿製作所からまきおこしていく。


労働組合:ユニオンみえ(三重一般労働組合)
三重県の個人加盟制労働組合。
連合単産全国ユニオン加盟。
コミュニティユニオン東海ネットワーク、
コミュニティユニオン全国ネットワーク加盟。
1958年結成。
住所:〒514-0003
     三重県津市桜橋3丁目444
電話番号:059−225−4088
FAX:059−225−4402
ホームページ:『ユニオン みえ』
http://homepage3.nifty.com/union-mie/
電子メール:QYY02435@nifty.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック