2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

~ 最近のユニオンのたたかいから ~  派遣会社M

kage

2016/05/09 (Mon)

 SPU の 仮処分勝利決定 が、地域に波及

 愛知県豊橋市の派遣会社Mから伊賀市の派遣先工場に派遣されていたD組合員。派遣先工場から派遣労働者を4人減らす提案をしてきた。派遣会社Mは「雇い止め」によって4人の労働者を指名解雇してきた。Dさんがその4名のうちに入っていた。

 Dさんは一方的な雇い止めに納得がいかず、ユニオンに相談してきた。派遣会社Mは3月初め、Dさんに「退職勧奨通告書」なるものを示して自分から退職するよう誘導してきた。Dさんは拒否した。

 3月末、ユニオンは派遣会社Mと団体交渉を持った。ちょうど3月19日シャープピノイユニティの仮処分決定の組合側勝利の報道が中日新聞の社会面で報じられており、会社側はそれを読んでいた。仮処分決定は、長期にわたって雇用契約を繰り返ししている派遣労働者は雇用の期待権があるので、雇用契約期間がきたからといって、容易に「雇い止め」をすることはできないと述べている。

SPU仮中日
 会社は、一方的な「雇い止め」はできないことを学習してきた。その上、過去の契約延長に際しても、きちんと書類を整えておらず、契約書が期間毎に整備されていないミスも明らかになった。組合は団交で引き続きの雇用を求めた。会社は現在の派遣先での就労はできないが検討することを約束した。
 
121B.jpg

 後日、会社は金銭解決を求めて、一定額を提示してきた。組合との間で、まだ合意に至ってないが交渉を続けていくことになった。SPU(シャープピノイユニティ)のたたかいの成果が地域の他の労働者の条件改善に波及効果をもたらしている。一つ一つのたたかいが全体の力になっていくことを実感させられた事例だ。




<Don2 59号より>



関連記事
スポンサーサイト