2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

(再)シャープ闘争の現状 決起集会・パーティ開催!!

kage

2016/03/14 (Mon)


 SPU闘争の現状と、決起集会の開催の案内

本部書記長  広岡 法浄


 昨年8月末にジーエルが37名の組合員を指名解雇して、間もなく半年になろうとしている。

 この間、解雇されたSPUの組合員を中心に、数十人規模でシャープ第2工場前とミエテックの正門前において、10回以上の就労闘争を闘い、さらに、デモ行進を繰り返し、ジーエル本社行動を展開し、3名の組合員を先鋒に仮処分裁判を提訴し、職場では賃上げ実現に向けての闘いを展開するなどの多様な闘いを続けてきた。

 会社が51名の労働者の指名解雇を強行して以降、仕事はほとんど減っておらず、解雇されずに残った労働者は会社から連日、休日出勤を求められ、1ヶ月に100時間以上のハードな時間外労働を強いられ、さらには、現場では日本人の派遣社員が増員されている。解雇の必要など、なかったことが明らかになり、この事実は仮処分裁判でも暴露された。さらに、仮処分裁判の中で、亀山への配転が可能であったにもかかわらず、あえて解雇回避の努力をしなかったこと、人選が恣意的で組合員の指名解雇者が多くなるように基準が設定されており、組合員排除を目的になされていて、指名解雇が不当労働行為にほかならない事も明らかになった。

 この間、仮処分裁判は12月に2回、1月に1回の審尋が行われ、2月4日に最後の審尋期日が入っているが、既に結審したも同然で、2月中には決定が出される見込みとなっている。

 解雇された組合員の多くが、間もなく雇用保険が終わる時期に来ており、本国の家族も含めた生活を維持する必要から、仕事に就きながら闘い続ける組合員が増えてきている。

 3月5日に、組合は闘争6ヶ月の節目の時期に松阪のワークセンターで決起集会とパーティーを準備している。この集会で、仮処分裁判の勝利を報告し、勝利を祝えることを確信している。

 この間の闘争の経過を報告し、さらにシャープ・ミエテックを含む本訴に勝利し最終勝利を勝ち取る勢いづけにしたい。
全国からの仲間の結集を訴えたい。


1、日  時   決起集会  3月5日(土)12時~  3月19日(土)12時~

         団結パーティー    〃   13時~


2、場  所   ワークセンター松阪 (松阪市)
※ 送迎―――近鉄松阪駅に11時半に迎えに行きます。送迎の必要な方は事前の連絡願います。 連絡先059-225-4088ユニオンみえまで


※ 1月25日発行Don2より転載。2月4日の仮処分裁判にて、3月15日までに仮処分決定が出されることになりました。これにともない、3月5日に予定していた決起集会の日程は、上記の通り変更いたします。




関連記事
スポンサーサイト