2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

三重ブラザー精機団交拒否問題その後

kage

2009/03/26 (Thu)

――ユニオン抗議に団交拒絶の姿勢をひるがえす?――

■「議題に載せるべきか判断しただけ」と回答
三重県の個人加盟制労働組合・ユニオンみえ(三重一般労働組合)は
去る3月16日、
ブラザー工業の子会社である
三重ブラザー精機(代表取締役:長良康司)に対し、
組合員・Oさんへの「始末書提出指示」問題に関する
団体交渉申し入れを
三重ブラザー精機が拒絶したことに強く抗議し、
再度団体交渉の申し入れを行なった。

それに対して三重ブラザー精機は、
3月19日付「回答」の中で、
「誤解はして欲しくないのですが、
 こちらとしては、
 団体交渉を拒絶しているわけではなく、
 交渉の議題に載せるべきものかどうかを
 冷静に判断した上で答えています」と
弁解をはじめた。
もちろんユニオンみえも、
三重ブラザー精機が団体交渉の開催一般を
拒絶しているなどとは当初から判断していない。
ユニオンみえが強く抗議しているのは、
組合員・Oさんへの「始末書提出指示」問題に関する
ユニオンみえの団体交渉申し入れを、
三重ブラザー精機が明確に拒絶すたからに他ならない。

■「団体交渉」は普通の「交渉」ではありません
三重ブラザー精機は3月14日付の
ユニオンみえへの本件回答において、
「結論から申し上げて、
 この件での団体交渉は必要ありません」と
一方的に決めつけ、
公然と団体交渉の開催を拒絶したのである。
この文章をどのように読めば、
「団体交渉を拒絶しているわけではな」いと
判断できるのだろうか。
「交渉の議題に載せるべきものかどうか」
などということをなぜ使用者の側が「判断」するのか。
三重ブラザー精機の側が
「交渉の議題に載せるべきでない」と判断すれば、
議題に載せなくてよいことになってしまうのだろうか。
三重ブラザー精機は、
世間一般の「交渉」
(つまり、双方が任意で開催する交渉)と、
労働組合が労働組合法上の定めに基づいて
使用者に対して強制する「団体交渉」とを
混同しているのではないか。

■「議題にするかどうか」は労組側が決めます
一般的な「交渉」であれば、
一方が「この件は議題に載せるべきでない」と「判断」すれば、
他方がその議題を
相手方に強制することはできない。
しかし、
労働組合が使用者に対して強制する「団体交渉」は、
こうした一般的な「交渉」とは
全く性格を異にするものだ。
労組は「権利」として団体交渉を申し入れ、
使用者は「義務」として団体交渉を受諾しなければ
ならないのである。
使用者による議題の恣意的な選り好みは
断じて許されるものではない。
「交渉の議題に載せるべきものかどうか」は
労働組合の側が「冷静に判断」するので、
会社側に余計な判断をしてもらう必要はないのである。

■「次回交渉で明らかに」と回答!
三重ブラザー精機はまた、
「3月23日の交渉日については
 当方のスケジュールに合いませんので、
 再度検討しましょう」と提案してきた。
ユニオンみえもそういうことであれば了解する。
早急にスケジュールを双方調整の上、
Oさんへの「始末書提出指示」問題を議題に含む
団体交渉を開催しよう。

また三重ブラザー精機の「回答」には、
「長々と書かれている文のほとんどは
 事実が曲げられて記載されていたり、
 今までの交渉の中ですでに討議回答していることも多くあります。

 次回の交渉ではここら辺も明らかにしていきたいと
 思っています」とある。

■団交拒絶姿勢を打ち砕いたぞ!
ユニオンみえとしても、
「次回の交渉」では「ここら辺」、
すなわち「長々と書かれている」
Oさんへの始末書提出指示問題に関する事実を
「明らかにし」てもらいたいと願っていたところであるので、
大変好都合である。
ユニオンみえの申入書に書かれた事実経過は
あくまでOさんの証言をもとにしたものであるので、
公平を期すためにも
ぜひとも三重ブラザー精機側の主張も
聞かせて欲しい。
(そう思って団体交渉の申し入れをしたのに、
 「結論から申し上げて、
 この件での団体交渉は必要ありません」と
 話し合いのテーブルに着くこと自体を拒絶したから
 こういうことになったのである)。


【関連記事】
ブラザー工業子会社が団交拒絶!
三重ブラザー精機:いやがらせと闘う


労働組合:ユニオンみえ(三重一般労働組合)
三重県の個人加盟制労働組合。
連合単産全国ユニオン加盟。
コミュニティユニオン東海ネットワーク、
コミュニティユニオン全国ネットワーク加盟。
1958年結成。
住所:〒514-0003
     三重県津市桜橋3丁目444
電話番号:059−225−4088
FAX:059−225−4402
ホームページ:『ユニオン みえ』
http://homepage3.nifty.com/union-mie/
電子メール:QYY02435@nifty.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

三重ブラザー精機:いやがらせと闘う
ブラザー工業の子会社・三重ブラザー精機。幹部社員だったO組合員はなぜか社長に個人的に嫌われて執拗に退職を強要されている。昨年4月以降、仕事を一切取り上げられ「あなたの仕...

2012.03.28 (Wed) | ユニオンみえブログ(三重一般労働組合)

三重ブラザー精機:いやがらせと闘う
ブラザー工業の子会社・三重ブラザー精機。幹部社員だったO組合員はなぜか社長に個人的に嫌われて執拗に退職を強要されている。昨年4月以降、仕事を一切取り上げられ「あなたの仕...

2012.03.28 (Wed) | ユニオンみえブログ(三重一般労働組合)

ブラザー精機社長「休職と欠勤」を混同?! 最後には「社員の生活は考えていない」と発言
幹部職員に対して「君の仕事は再就職先を探すことだ」などとして、 仕事をさせずに再々にわたる嫌がらせしていた、 三重ブラザー精機株式会社(代表取締役:長良康司)のO(オー)組...

2012.03.28 (Wed) | ユニオンみえブログ(三重一般労働組合)

三重ブラザー精機(ブラザー工業子会社)で「病気になったことの反省が必要」と残酷なパワハラ発生
幹部職員に対して「君の仕事は再就職先を探すことだ」などとして、 仕事をさせずに再々にわたる嫌がらせを受けていた、 三重ブラザー精機株式会社(代表取締役:長良康司)の従業

2012.03.29 (Thu) | ユニオンみえブログ(三重一般労働組合)

「病気になったことの反省が必要」と残酷なパワハラ発生。三重ブラザー精機(ブラザー工業子会社)
幹部職員に対して「君の仕事は再就職先を探すことだ」などとして、 仕事をさせずに再々にわたる嫌がらせを受けていた、 三重ブラザー精機株式会社(代表取締役:長良康司)の従業

2012.03.29 (Thu) | ユニオンみえブログ(三重一般労働組合)