2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

ストライキ宣言で会社が団交に応じる      ー S社 ー

kage

2015/07/24 (Fri)

 
 愛知県の派遣会社、S社はブラジル人のAさんを雇い、滋賀の鉄筋工場に派遣で働かせてきた。

 Aさんは、作業中に荷物が崩れてきて負傷した。労災で治癒していたが、症状固定となり再び働き始めようとしたら滋賀県では仕事が無い、愛知でなら仕事を紹介すると言われて解決できなかった。
 AさんはそれまでMユニオンに所属していたが、ユニオンみえに加入することを希望。SさんはMユニオンに了解をとりつけ、ユニオンみえに加入。ユニオンみえはS社に団体交渉を申し入れた。ところが、S社は団交にい応じず、不充分な回答をしてきたことから、ユニオンは、S社の不当な対応に対し、Aさんが労災事故にあった滋賀の鉄筋工場において、ストライキでたたかうことを通告した。

bne56-6.jpg
 
  
 S社は、この事態に対して団交に応じて誠実に解決に向けて話し合うことを約束した。会社は当初、職場復帰をさせるとしてきたが、その後金銭解決での解決を申し出てきて、解決した。

 労災の障害認定がおりたら、別途、賠償金を支払う約束もできた。

 労働者のたたかう決意と、それを支える労働組合の存在があってこそ、解決できたものだと言える。




<DON第56号より抜粋>


関連記事
スポンサーサイト