2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

安倍政権の暴走とジャーナリズム         4.19 公開講座 開催 講師 高野孟さん

kage

2015/04/29 (Wed)

tn1.jpg


 雑誌インサイダー編集長の高野孟さんを招き、『安倍政権の暴走でどうなる日本』―― 壊されてしまう前に行動しよう ―― と題した公開講座を同所で開催した。

 メディアに多数出演されている高野さんの知名度と、事前のビラまきや各新聞社へのアピールにより朝日新聞に掲載されたことなどから事前の問い合わせも多数あり、当日は一般の参加者も続々と会場に入ってきた。想像していた以上の参加となり、場内にパイプ椅子を運び入れる作業に追われ通路にまで席を作らなければいけないほどとなった。およそ100名の参加となり、会場はこれ以上入れないくらい満杯となった。

tn3a.jpg


 高野さんは、安倍政権が抱える弱点を明らかにしてくれた。安倍首相はA級戦犯の一人である祖父の岸信介を尊敬している。従って、先の戦争で日本が韓国や中国に侵略したなどということは認めたくない。ましてや南京大虐殺や慰安婦の存在などあるはずがない。という思い込みをもっている。歴史の中で過去に日本が行なってきたことを正しく把握し、反省することができない“歴史修正主義”に陥っている。この考えは、中国や韓国などアジア諸国のみならずアメリカやヨーロッパの人々が築きあげてきた歴史感とは対立するものだ。
 安倍政権の今後の軍事外交路線は、世界の人々の認識と対立するものであり大きな矛盾をもっていると批判された。一見、強そうに見える安倍政権だが根本的なところで日本や世界の人々の利益と対立していることを明らかにした。また、「マスメディアは、もっともっと安倍を批判して良い。そうするべきだ。
 朝日新聞叩きやテレ朝問題等もあったが謝罪する必要などない。もっと堂々と批判し、世の中に知らしめていくべきだ。」と、ジャーナリズムの観点からも現在の政権を見つめた。「報道するものが萎縮してはいけない。」と、事実を明らかにし忠実に批判することの意味を話してくださった。
 
tn2.jpg


 講演の内容は、現在の安倍政権が推し進める原発再稼働や辺野古基地問題など多岐に渡り、質疑応答を含め予定していた2時間の講演会は、あっという間に終了予定時刻をまわってしまった。参加者からの質問も多く出され、高野さんから丁寧に答えていただいた。
 最後に広岡書記長から、安倍政権の暴走を食い止めるためには私たちが声を上げ、行動していくことが重要だとして、「ユニオンみえは今年も5月1日にメーデーを安倍暴走政権・粉砕!をメインスローガンに行うので、みなさんも参加してください!誰でも参加できる開かれたメーデーで、安倍政権の打倒を目指し、行動しましょう!」との発言がされた。
 
 活発で充実した内容の講演会は惜しまれながらようやく幕を引き、割れるような拍手の中、高野さんは会場を後にした。

 

 参加して頂きましたみなさん、ありがとうございました。
 

 講演で広岡書記長から告知があったように、ユニオンみえは5月1日のメーデーに、安倍政権の暴走に歯止めをかけるため『安倍暴走政権・粉砕!』をスローガンにデモを行います。

  詳しくは先にUPしてあります記事をご覧ください! ⇒ ユニオン2015メーデー

 みなさん!参加してくださいね!!

m5.jpg





関連記事
スポンサーサイト