2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

1.17 集団的自衛権行使反対!       『愛知大集会パレード』

kage

2015/02/04 (Wed)


 寒風の吹く1月17日、愛知県弁護士会の主催で、集団的自衛権行使反対のパレード、『愛知大集会パレード』が久屋広場を中心にして行われた。

 ユニオンみえからは17名が参加。黄色いユニオンジャケットはとてもよく目立った。
この日は、阪神淡路大震災から20年が経った日でもあったため、犠牲者のために黙祷をささげ、集会が始まった。

10.jpg


 弁護士の参加は、350名。全体の人数は3000名を超えていた。司会に立ったのは鈴鹿さくら病院裁判の組合側弁護士でもある矢崎弁護士だ。矢崎弁護士は、「こんなにも多くの弁護士が参加するパレードというのは日本最大ではないかと思う。閣議決定なんかに負けません!」と興奮気味に伝えた。マスコミの姿も多く見られ、夕方のニュースでも報じられた。
 挨拶に立った愛知県弁護士会の富島実行委員長は、「集団的自衛権行使は、従来の日本政府の憲法上許されないという基本的見解を根本的に変えるもので、一内閣の決定で変えられるものではない。行使容認は憲法違反だ。」と集会の基調的報告をした。参加者全員の大きな拍手でこの報告を確認した。

 約1時間の大集会で士気を高めた後、参加者およそ3000名は大須方面と栄方面の二手に別れ、久屋大通りを行進し始めた。
 
 冷たいビル風が吹き抜け、身体は冷え切ったが、身体の中には熱いものが湧き上がってくるようなパレードだった。「弁護士」というタスキをかけた先生たちの後を行進するのは、とても心強く感じられた。皆、平和を思う気持ちはひとつだ。
これからもこのようなパレードが全国的に広がればと思う。




関連記事
スポンサーサイト