2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

Don2 第54号 いいたい放題                 本部書記長  広岡法浄

kage

2015/02/04 (Wed)

 この正月、思いを新たにしたのだが、私たちがユニオン運動に参加した1995年は日本のみならず、世界にとって歴史的転換期であった。まず、阪神大震災の年だ。この地震が、近年の日本列島の地殻変動の始まりで、鳥取西部地震、中越地震、中越沖地震、能登半島地震、東日本大震災と続き、これから起こることが確実な南海トラフ地震に連動する地殻が動き出した年だったのだ。
 そして、日経連が新時代の日本的経営を発表した年でもある。これ以降、企業は非正規雇用労働者を飛躍的に増やし、国は企業の要請に応えて限定されていた派遣業種を原則自由化し、工場にも派遣を認めるなどの派遣法の改悪を行い、日経連の提言の具体化を後押ししてきた。
 もうひとつ、時代を画する大きな変化が起きた年でもある。アメリカが金融帝国を確固たるものにした年であるという。いわゆるグローバルマネーが自由に国境を越えて移動できるようになり、現在のグローバル経済が本格的にはじまった年なのだ。

1.jpg


 昨年の経済関係の新書でベストセラーになった本で集英社から出された「資本主義の終焉と歴史の危機」という本がある。著者・水野和夫さんは三菱UFJ証券のチーフエコノミストをしていてその後、民主党政権の内閣官房内閣審議官などを務め、現在、日大国際関係学部の教授をしている人物だが、水野さんは1997年に山一證券などが破綻し、国債利回りが低下して以降、日本の国債の利回りが景気の拡大があっても一向に2%を超えず、超低金利の時代が続くことに疑問を抱き、そのことを考え続けたという。そして、資本主義の歴史を調べる中で、資本主義が拡大再生産できなくなっているため、限界に達していて終焉の時期を迎えていることを発見した。
2.jpg 資本の実物投資の利潤率が低下し、工場やビルを建てても、投資に見合うお金を稼げなくなっている、実物に投資する先が見当たらなくなっている。そこで、新たに土地や証券といった架空の投資先を作り出し、バブルを発生させて資本主義がまだ正常に動いているかのように偽装している。最終局面を迎えた資本主義の最後のあがきにより、たとえ経済が成長しても労働者の賃金が下がり続ける。資本主義の成立条件は「周辺」が存在することにあり、安く仕入れて高く売ることが前提であるが、安く仕入れる先がグローバル化の中で成長し、全地球が均質化することにより無くなってきた結果、国家の内側に無理やり「周辺」を作り出している。中心はウォール街であり、周辺はサブプライム・ローンの借手=低所得層、日本では多国籍企業が中心で周辺は非正規雇用労働者。国家がそれを後押しし、経営者に有利な法律を作り、破綻すれば税金でこれを救済する。かくして、国内の貧富の差が拡大し、金持ちはますます金持ちになり、それに比例して貧困層が急増する。
 私たちがユニオン運動を始めたのがこのように、グローバル経済が始動し、国内に「周辺」である非正規雇用労働者が資本主義の延命のために意図的に作り出された1995年だったことは運命なのか。

 私はこの正月、水野さんのこの本を読んでいて、ユニオン運動の進め方についても考えさせられた。これまでにやってきた運動、個々の問題の解決や、問題を社会化すること、労働規制緩和に反対することだけでは不十分だと。一刻も早く賞味期限切れした資本主義を終わらせ、国民が幸せになれる新たな社会システムを作り出す運動も必要だと。
水野さんは証券マンの立場から超低金利が続く訳が気になり、資本主義が限界を迎え、終焉が近づいていることを発見した。ならば、私は資本主義を早く終わらせるための運動、資本主義に替わる新たなシステムの構築を模索したい。
その手始めに、この1月からユニオン塾の「ミニ塾」で水野さんの本をテキストにみんなで勉強を始めたい。
 
 コミュニティ・ユニオンはまだまだ小さな組織で、社会的影響力も小さいが、その歴史と使命は他のいかなる労働組合・組織にも劣らない。コミュニティ・ユニオンは出生の時から非正規雇用労働者の受け皿組織として出発し、以来、最も弱い、まさにグローバル資本主義によってその周辺とされ、強い搾取を受け、資本主義の延命のために作り出された労働者のために闘い続けてきた組織であり、他にそのような組織はない。私たちが20年前にこの組織に加入した選択は正しかった。そして、今までユニオン運動を推進してこられたのは全国の仲間と日々、協力してくれる組合員のおかげである。20年を契機に、世界と人類の将来に目を開いた運動を展望したい。正月は良いもんだ。リフレッシュでき、勉強もできて気が大きくなる。
「ミニ塾」ひとりでもはじめていますので、良かったら覗いてください。毎月、月初めの火曜日を中心に開催したいと考えています。自家焙煎のコーヒー、自家発酵のヨーグルトなども用意したいと考えています。



関連記事
スポンサーサイト