2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

突然の経営者交替に団結してたたかう

kage

2014/10/28 (Tue)

 
 亀山自動車学校では、従業員に対してパワハラを繰り返していた前校長が、ユニオンの追及の中で今春退職し、労使関係がほぼ正常に戻っていた。春からは春闘がたたかわれていた。学校は、組合の要求に対して教官を中心とする正規職員への一定の賃上げを認めてきた。しかし、期間雇用の事務職員やパートタイムの用務員の賃上げにはなかなか応じてこなかった。



 昨秋以来の校長のパワハラ等に対するたたかいは、事務職員も含めた組合員全員で団結してたたかってきたものだ。交渉を重ねてきたところ、正社員が原資を配分するなら認める、というところに到った。ユニオンは、正社員の賃上げを一定抑制し、事務職員や用務員の賃上げをおこなう提案を、組合員の合意のもとにおこなってきた。この線で学校との協定が結ばれるところまできていた。
 
 
 9月20日、学校側が団交を申し入れてきた。今までの団交には必ず出席していた弁護士は出席せず、社長と見知らぬ3名の人間が学校側代表として出席してきた。その内の一人が、突然、前日に開かれた株主総会で社長が交替したことを告げた。発言した人物は、「大阪の都島自動車学校の社長をしている。」と自己紹介をして、自分が新しく亀山自動車学校の社長に就任したことを告げた。
 
 新社長は、その場で、 ①従業員全員、一旦解雇する。 ②11月1日に新会社を立ち上げて、希望者に移籍してもらう。 ③今月中に個人面接をおこなう。 ④労働条件などは今後1年間は現状のまま維持する。 ⑤退職金は払えないので新会社に在籍期間を引き継ぐようにする。などを一方的に発言した。
 
 亀山自動車学校の前社長は、組合に一言の話もなく、秘密裏に学校を身売りしたのだ。彼は、この団交の席でもほとんど発言をしなかった。従業員を信頼しないで、自己保身をはかり、私利に走った無責任さを暴露することになった。
 
 ユニオンは、ただちに反撃の体制を整えた。亀山自動車学校分会は、教官の全員が組合に参加している。結束力の強い組合だ。新しく社長となった人物と、前の社長に対して、経営権譲渡の経緯と財務内容の提示を求めて団交を求めている。


 組合員の労働条件が不利にならないよう、とことん追及していく。





関連記事
スポンサーサイト