2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残業代未払いをユニオンで解決

kage

2014/05/08 (Thu)

残業代未払いをユニオンで解決

――MM社――  

 津市の運送会社、MM社。休憩も残業代もない働かせかたをしてきた。Kさん、Sさんは同じ時期に退職し、労基署に申告した。会社は不誠実な対応を続けてきた。Kさんは先にユニオンみえに加入し、会社と交渉を始めた。Sさんは弁護士に相談したがなかなか埒があかず、Kさんのすすめもあってユニオンに後になって加入し交渉に加わった。争議の経過も含め、2人に報告してもらいました(編集部)


 私は昨年10月に(株)MM社という会社に入社し、配送ドライバーとして112時間以上働いてきました。もちろん休憩も残業代も無いです。休みは日曜日だけです。この状況で、平成254月、仕事中に配送先で荷物が私の身体に倒れてきて、救急車で病院に運ばれ、足の骨を折るケガをして松葉杖で歩くことになりました。普通なら仕事を休み、安静にしておくべきなのですが、会社は休ませる事無く、助手を付けて私に仕事をさせ、まともに病院にも行くことが出来ず、痛みをこらえて仕事をしていました。

その上、私の給与に関しても、助手を付けているという事で減給され、尚且つ、助手の給与を私の労災の休業補償で支払うという事で、社長は勝手に私の口座を使い、申請したのです。また、社長は私に金額の書いていない借用書を出し、これは信用していないというわけじゃないが、休業補償を会社に渡したら、私に返すという事で借用書にサインしました。

そして、私の口座に入っていた休業補償を会社に1円単位まで渡しました。当初、全治1ヶ月と言われたケガもなかなか治らず、8月まで足の痛みに耐えて仕事をし、なんとか松葉杖無しで歩ける様になったので、会社に退職願を提出し、9月末日で会社を退職し、その足で労基署に労災の事と、残業代の事を話しに行きました。

会社は未払いの残業代を認めたが、支払い方法が分割の35回払いだと労基署から連絡が入り、私はこの話に納得出来ず、ユニオンに相談した結果、団交を繰り返し、支払い方法については分割の19回払いに変更されました。労災の件は謝罪をしてもらい、労災保険の休業補償は会社が全額を支払うという事で合意しました。

 

 1人では何も出来なかったけれど、ユニオンの皆さんの力を借りて無事に問題解決が出来た事を感謝しています。ありがとうございます。

(組合員K)

 

 私は、平成25920日まで津市内の(株)MM社という運送会社で働いていた者で、今年の1月にユニオンみえに加入しました。

 在職中の未払い賃金(残業代等)の請求の件では、広岡書記長はじめ、ユニオンみえの方々には大変お世話になりました。

 このMM社という会社は、ハローワークで見つけて入社したのですが、求人票の内容とはあまりにも違っていました。家族のため、生活のためと1年半程在籍しましたが、不満が多く、退職しました。112時間以上の勤務でも、1回も残業代が付いていないし、経営者の気に入らない社員には待遇が悪く、理不尽なことばかりでした。 

共にユニオンみえに加入したKさんとは、この会社での同僚で、彼も同じような不満を持っていました。そして同じ頃に退職して、2人で労働基準監督署に未払い賃金の請求の相談に行きました。

私達の相談を聞いてくれた担当の方は、熱心に動いてくれましたが、会社側は労働基準監督署の呼び出しを断ったりして、賃金の未払いを認めるまでにかなり時間がかかりました。分割払いで支払う約束まで取り付けたものの、月々の支払い金額や、回数は私達の納得のいくものではありませんでした。

そして、Kさんはユニオンみえに、私は弁護士に相談に行きました。

弁護士の話だと、「裁判するには、お金も時間もかかるので、支払うというのなら今の段階でサインをしたら?」ということでした。労働基準監督署を訪れても、行政ではここまでしか出来ないと言われました。 

そんな時に、先にユニオンみえに加入したKさんに組合の事を聞きました。1ヶ月程別々に動いていた間に、個人で動いていた私と、組合に入っていたKさんの進行の差は歴然でした。

 そして、私はユニオンみえに入る事にしました。組合に入ると、すぐその日に広岡書記長が、会社に団交申入書をFAXしてくれました。すぐに会社側の弁護士からの返信FAXが届きました。個人で動いていた時とは、回答の早さが違いました。

 一回目の団交までの日々は、他の組合員の人達の団交に同席させてもらったり、色々話を聞いたりと、勉強になりました。一回目の団交の日は不安でしたが、会議室に「未払い賃金 払え」という横断幕を用意して、社長と弁護士を迎え入れました。広岡書記長、Kさん、はじめ組合員の皆さん、あの時は本当にありがとうございました。

 その後、数回の団交で離職理由の変更、雇用保険の金額変更をして頂き、318日の団交にて、分割回数の短縮、月々の支払い額の増額をしてもらい、調印し解決しました。

 

 広岡書記長はじめ、ユニオンみえの皆様には感謝しています。これからは、他の組合員の方々の力になれたら良いと思っています。

 (組合員 S)


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。