2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

☆病院への損害賠償請求、結審へ

kage

2014/02/24 (Mon)

☆病院への損害賠償請求、結審へ
― 鈴鹿さくら病院 ―  
 1月17日。鈴鹿さくら病院に対する損害賠償請求裁判が結審した。判決は2月28日に言い渡されることになった。 裁判当日、津地裁前はいつも通り、30名のユニオンみえの組合員や支援の仲間で賑やかになった。塩田委員長が本日は決心となり、最後の意見陳述をおこなうことを明らかにした。 塩田委員長は病院側が春闘や一時金闘争では「金がない、金がない」と言って組合の要求をことごとく拒否していきているのに、今回不当経理で明らかになったのは事務長の独断的な処置で病院の金が数千万も勝手に使われている。

 とても信じられないことで地味帳をはじめとする経営陣の姿勢を徹底的に追求とその決意を述べた。裁判所前集会では昨年、ユニオンみえの分会として新しく立ち上げた亀山自動車学校分会の戦いの紹介も行われた。 「スト禁止仮処分決定は憲法違反だ」「スト禁止仮処分は認めないぞ」など、シュプレヒコールをあげた後で、皆で法廷に向かった。午前10時半、裁判が開始された。最終意見 でまず組合側の山崎弁護士が簡潔に主張をまとめた。

 病院は患者に危険が及ぶと言っているが、全くその事実がないこと、また組合がスト中の保安要員に協力すると言っているにもかかわらず、病院が拒否しており、病院は仮処分をおこしてまで保全すべきものはなかった。仮処分の申請がそもそも違法なものであった。さらにその結果組合はストライキを止めざるを得ないという大きな損害を被ったことを明確に陳述した。
 

 続いて組合員のHさんさんが発言した。Hさんさんは組合は患者のことを第一に考えて行動しており、やむにやまれず98%スト賛成で組合員は法にのっとり団結して行動していたことを陳述した。続いて塩田委員長が病院の経理が事務長、院長の独断的な判断で行われている事実を示し、裁判所に対して不正常な現状を是正するような判決を示してほしいと切実に訴えた。病院側は何も発言しなかった。 裁判はこの日で結審し、2月28日に判決が言い渡されることになった。裁判所がこの裁判の流れに従って正当な判決を出すことを望むが、判決の日まで気を抜くことはできない。裁判所に多くの組合員や支援者を集めて最後まで注視する必要がある。 ユニオンみえは津地裁の仮処分決定そのものの不当性を争う国賠訴訟を準備している。司法による村議行動への不当な介入を許さないために引き続いて、戦いを継続する。

(ローカルネット 柴田)


===UNION Mie===
ユニオンみえ(三重一般労働組合) UNION_MIEをフォローしましょう
1958年結成。三重県の個人加盟制労働組合。
ひとりでも、パートでも入れる、頼りになる労働組合です。
http://homepage3.nifty.com/union-mie/

相談無料・秘密厳守

TEL: 059-225-4088 FAX: 059-225-4402
e-mail: QYY02435@nifty.ne.jp
〒514-0003 三重県津市桜橋3丁目444
地図→ http://homepage3.nifty.com/union-mie/page05.html
a.gif


?労働組合に入るとどうなるの?
不利益変更を迫られた山田さんの場合
山田さんの労働組合物語

?派遣社員でも大丈夫?
経験者が相談にのります! 派遣FAQアリ
派遣ユニオン東海

ユニオンみえのYouTube
http://www.youtube.com/user/UnionMie
関連記事
スポンサーサイト