2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

「雇用維持」で外国人「実習生」制度紹介!?(その1)

kage

2009/01/15 (Thu)

報道によると三重県労働局は
1月16日、
外国人労働者の「離職」すなわち
企業による解雇が急増していることを認め、
外国人雇用管理セミナーを開催して
外国人を雇用している県内の各事業所に
外国人労働者の雇用維持を
訴えるとのことだ。
大いに必要なことであり、
是非とも実効あるセミナーにしていただきたい。

今、企業による派遣切りが横行し、
とりわけ、
三重県内では日系ブラジル人をはじめとした
外国人労働者に
こうした解雇が集中し、
大変な事態になってきている。
三重県の個人加盟制労働組合ユニオンみえにも
連日、解雇を通告された外国人労働者が
多数、相談に訪れている。
労働基準法・労働契約法を無視した
安易な解雇が多く、
中には
10年以上も派遣状態で働かせてきた労働者を
(それ自体が違法行為だ)
ねらい打ちにして解雇している企業まで
見受けられる。
許されない行為だ。

一方、三重県労働局はこのセミナーの中で、
外国人「研修生」の受け入れを
奨励するとしか考えられない、
外国人「技能実習」制度の紹介を
国際研修協力機構名古屋駐在事務所に
させると報道されている(毎日新聞1月15日三重版)。
日系ブラジル人をはじめとする外国人労働者が
連日大量に解雇されているなかで、
また、この間、
外国人「技能実習」制度を悪用し、
外国人「実習生・研修生」を安い労働力として利用すべく、
日系ブラジル人を解雇し、
外国人「実習生・研修生」に置き換える
企業側の動きが不当に加速している現状において、
外国人「技能実習」制度の紹介は
日系ブラジル人らの「雇用維持」とは裏腹に、
日系ブラジル人らの雇用を
さらに奪うことにつながる行為であり、
セミナーの本来の目的に反する行為であり、
断じて認められない。

ユニオンみえは、
1月16日のセミナーの中で
国際研修協力機構名古屋駐在事務所に
外国人「技能実習」制度の紹介をさせることを
中止するよう強く要請する。
「雇用維持」で外国人「実習生」制度紹介!?(その2) へ→


労働組合:ユニオンみえ(三重一般労働組合)
三重県の個人加盟制労働組合。
連合単産全国ユニオン加盟。
コミュニティユニオン東海ネットワーク、
コミュニティユニオン全国ネットワーク加盟。
1958年結成。
住所:〒514-0003
     三重県津市桜橋3丁目444
電話番号:059−225−4088
FAX:059−225−4402
ホームページ:『ユニオン みえ』
http://homepage3.nifty.com/union-mie/
電子メール:QYY02435@nifty.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック