2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

ユニオンみえの闘い

kage

2009/01/09 (Fri)

ユニオンみえは毎年が闘いの連続であるが、
昨年はとりわけ、
かつて無い闘いやできごとの連続であった。

◎年明け早々、
 長期に解雇撤回闘争を闘ってきた
 豊栄工業・大川さんの闘いが
 四日市の地裁で和解した。
 その後も大川さんは
 組合のボランティアを続けている。

◎三重県労働委員会の会長に
 ユニオンみえと敵対する弁護士事務所の
 雇われ弁護士・西澤氏が就任し、
 不当命令を出し続けていることに対し、
 日本労働弁護団
 ユニオンみえの支援に乗り出し、
 5月1日、
 西澤氏の事実上の解任とも言える
 再任阻止を果たした。
 その後、
 三重県労働委員会は雰囲気ががらりと変わり、
 親切になった。

◎50周年の記念グッズ、記念誌が
 完成し、
 6月22日には
 福島瑞穂さん、鴨桃代さんを招いた
 記念行事を行い、
 大成功を収め、
 新聞・テレビでも報じられた。

◎相談者の急増に対応できるように
 4階事務所の隣も借り、
 壁をぶち抜き、倍に拡げた。

光精工の外国人労働者80人の
 大組織化に成功し、
 10月には無期限ストライキを背景に
 直接雇用の継続を勝ち取り、
 勝利した。

◎ユニオンみえとして、
 はじめて中労委命令を勝ち取った
 オンセンド闘争が行政訴訟にすすみ、
 10月に東京地裁でも実質勝利した。
 (不十分なため、高裁に控訴)

◎弁護団体制が格段に強化され、
 大阪・名古屋の弁護士に加え
 県内でも弁護を引き受けてくれる弁護士が
 3人に増え、
 10件以上にのぼる裁判に取り組んでくれている。
 弁護を引き受けてくれる弁護士・県内ゼロから
 大きな前進であり、
 東海労弁が組織的にかかわってくれている。
 大阪の村田浩治弁護士の功績が大きい。

◎鈴鹿署による不当弾圧攻撃に対し、
 署名運動を組織し、
 出口弁護士らによる内容証明郵便を送りつけるなどの
 適切な対処により、
 事実上、封じ込めた。

◎年末には
 派遣労働者が大量解雇される事態に対し、
 ホットライン、名古屋駅前デモ、
 三重県などへの申し入れ行動を行ってきた。
 名古屋駅前デモには
 光精工の希望退職を振り切った
 グルーポ光のメンバーが大量参加し、
 激しいデモの様子がテレビで全国に放送された。

労働者供給事業での認可も受け、
 2009年問題に切り込む体制も作った。

◎月間、30人のペースで
 新規加入が維持され、
 組合員が徐々に増えている。

派遣ユニオン東海の専従体制を支え、
 専従になった酒井さん
 ユニオンみえのブログ作成を依頼し、
 ユニオンみえの行動が
 全国に発信されるようになった。

まだまだ書き入れないことが無数にあるが、
いずれにしても凄い進歩だ。
闘いの積み重ねにより
力量がついてきたと言うことだと思う。

今年はとりわけ、
天下の悪法・派遣法廃止に向けた闘いが
テーマとなる。
派遣会社や派遣先企業や
三重人材派遣派遣連絡協議会と癒着し、
違法派遣・違法偽装請負に手を貸す
三重労働局の不公正を暴いていく。
担当官を訴える訴訟も準備が整った。
派遣切りにあった労働者をさらに組織し、
派遣法がいかに違法企業の違法行為に
お墨付きを与え、
労働者の権利を踏みにじっているかを暴き出し、
派遣法廃止に向けたのろしを
三重から揚げていきたい。
さらに、
グルーポ光の40人の団結を維持し、
4月の雇い止め攻撃に対し、
裁判闘争を含むあらゆる闘いを組織し、
雇用を守る闘いをすすめる決意である。


労働組合:ユニオンみえ(三重一般労働組合)
三重県の個人加盟制労働組合。
連合単産全国ユニオン加盟。
コミュニティユニオン東海ネットワーク、
コミュニティユニオン全国ネットワーク加盟。
1958年結成。
住所:〒514-0003
     三重県津市桜橋3丁目444
電話番号:059−225−4088
FAX:059−225−4402
ホームページ:『ユニオン みえ』
http://homepage3.nifty.com/union-mie/
電子メール:QYY02435@nifty.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック