2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

光精工闘争の概略とその意義

kage

2012/04/08 (Sun)

光精工闘争の概略とその意義
ユニオンみえ 広岡

「おれたちは社員だ、差別を止めろ」

<直接雇用になったのに何も変わらない。>
 光精工に働く外国人労働者は2008年4月に派遣社員から光精工の社員になった。ところが、派遣のときと何一つ変わらない。給料は下がったまま、出勤カレンダーも派遣のときと同じで社員と差別されている。食堂の値段も社員と差別があり、派遣のときと何一つ変わらない。せっかく社員になったのに、差別は許せない。しかも、半年経ったら派遣に戻す話があった。絶対に認められない。

<組合結成! グル―ポ光の誕生>
 どうすればいいか。有志がユニオンみえに相談に行った。少数では闘いきれない。一人でも多くの仲間を組合に加入させることが必要と言われ、仲間を募り、集会を持ち、60名以上が結集し、2008年7月5日、ここスポーツマジック桑名にて「ユニオンみえ・グル―ポ光」を結成した。

<交渉開始からストライキへ>
 7月15日に結成通告して以来、会社と交渉を重ねたが、会社は交渉では前向きな話をしながら、裏で組合との約束を反故にし、個々の社員に派遣に戻す通知を出したり、組合つぶしの嫌がらせや脱退工作を続け、差別の解消も何一つ進まなかった。これに抗議し、組合は9月19日、遂にストライキを決行した。そのスローガンが「おれたちは社員だ。差別を止めろ」であった。ストライキは第3派まで行われた。最初は本社で。その後は各工場にもデモ行進した。構内でのアピール、デモを繰り返した。社員は羨ましそうに見ていた。

<無期限スト回避・直接雇用継続へ>
 それでも会社が10月16日以降全員の雇用の継続を約束しないことに対し、10月12日以降無期限ストに突入して派遣社員を構内に入れさせない様、ピケットを張ることを通告した。
 このような闘いが功を奏し、会社は組合に譲歩し、6ヶ月の雇用を継続し、その間に身分問題や差別問題について誠意をもって話し合うと約束し、協定化された。

<リーマン口実に全員解雇通告と希望退職募集>
 しかしそれは単なる時間稼ぎでしかなく、会社は社内で作っていた作業を外注に出し、さらに12月9日、リーマンショックを口実に翌年4月以降、契約更新はしない、年内に希望退職を募ると通告してきた。全国で派遣切り、期間切りの嵐が吹いていたのを利用した組合つぶしに他ならなかった。

<第2次闘争開始・仮処分裁判へ>
 組合は闘う体制を整え、松下プラズマ高裁勝利判決を勝ち取った村田浩治弁護士に依頼し8人の弁護団を組んで仮処分裁判を提訴した。併せて光精工が子会社に雇わせて働かせてきたことが職安法44条に違反する労働者供給事業に当たるとして三重労働局に申告した。

<逆風下の闘い>
 事態は派遣切りが横行するなか、派遣労働者の権利を認めることを躊躇した最高裁が松下プラズマ大阪高裁判決を覆し、原告の請求を棄却する不当判決を出したことから、地裁がことごとく派遣労働者の派遣先に対する請求を認めない判決を出してきた。光精工の闘いも同様で、会社の責任を認めない方向で年明けの2010年1月に仮処分判決が出された。加えて、三重県労働委員会は同年9月に会社の度重なる不当労働行為を全て不問にした不当命令を出してきた。このような逆風の中でも闘いは継続した。

<裁判所・中労委 双方で和解成立>
 2011年の年末に大きなヤマを迎えた。裁判所が和解を打診し、労使が大枠で和解に応じる方向を出した。会社側は組合が有利に闘いを進めていた中労委への申し立てを取り下げるように求めてきた。組合はこれを拒否し、中労委では別途和解することとし、裁判所では2012年1月18日に、中労委では1月25日に和解した。いずれも内容については開示できない条項が入っているため開示できないが、会社の責任を認める内容となっており、とりわけ、中労委の和解は将来にわたって会社を拘束するものである。これにより、三重県労働委員会が出した不当命令は失効した。
 こうして、組合は困難な状況下で闘争の幕引きに成功した。
闘争を支えて頂きました全国の仲間に心から感謝申し上げます。
グル―ポ光の皆さん、長期にわたる闘い、ご苦労さんでした。

<闘いの意義>
 組合が闘い続けることにより、裁判所も中央労働委員会も組合が解決できる案を出してきた。逆に言うと、勝つまで闘い続ける組合の姿勢が解決を可能にしたと言える。
 派遣労働者・期間雇用労働者に対する理不尽な扱いがある限り、闘いは起こる。「オレ達は社員だ。差別を止めろ」の叫びは普遍的な叫びであり、差別・抑圧があるところに必ず闘いは起こる。今後の光精工もしかりで、様々な職場で闘いはつづく。グルーポ光の闘いが次の闘いの起爆剤になることは間違いない。グル―ポ光の闘いはユニオンみえの宝だ。

===UNION Mie===
ユニオンみえ(三重一般労働組合) UNION_MIEをフォローしましょう
1958年結成。三重県の個人加盟制労働組合。
ひとりでも、パートでも入れる、頼りになる労働組合です。
http://homepage3.nifty.com/union-mie/

相談無料・秘密厳守

TEL: 059-225-4088 FAX: 059-225-4402
e-mail: QYY02435@nifty.ne.jp
〒514-0003 三重県津市桜橋3丁目444
地図→ http://homepage3.nifty.com/union-mie/page05.html
a.gif


?労働組合に入るとどうなるの?
不利益変更を迫られた山田さんの場合
山田さんの労働組合物語

?派遣社員でも大丈夫?
経験者が相談にのります! 派遣FAQアリ
派遣ユニオン東海

ユニオンみえのYouTube
http://www.youtube.com/user/UnionMie
関連記事
スポンサーサイト