2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

ユニオンみえ:住居問題で県と交渉

kage

2008/12/25 (Thu)

三重県の個人加盟制労働組合である
三重一般労働組合(通称:ユニオンみえ)
非正規雇用労働者等の住居喪失問題について、
24日、県庁で三重県と交渉を行なった。

要求とその回答は以下の通り。

要求1.仕事と住居を同時に失った、
    または失う見込みの
    非正規等の労働者のために、
    即日・即時利用できる仮の住まい
    (名古屋市の「一時保護所」のような施設)を
    三重県の責任で設置してください。
    (シェルターの設置、県営住宅・宿舎等の利用、
    非正規労働者等の退去などによって空いている
    アパートの借り上げなどによって)。


回答1.仮の住まいは用意できない。
    県としては30戸県営住宅を用意したので、
    申込みを受け付けて1月から
    抽選のうえ入居してもらう。


要求2.上記施策の実施までの間、
    自治体窓口に来た
    所持金の少ない住居喪失者に対し、
    緊急の措置として
    近隣の低額宿泊所への宿泊代と
    最低限の食事代等を補助する施策
    (愛知県の「簡易宿泊施設提供事業」のような施策)を
    実施するよう県内各市町村に要請し、
    実施していない市町村で失職した
    住居喪失者については
    三重県の責任でこの施策を実施してください。


回答2.用意していない。
    できない。
    国が貸付金を用意しているので、
    ハローワークに行って受給してほしい。


要求3.県下の派遣元事業主に対して、
    社員寮等の住まいを提供している場合、
    最低限、当初の雇用契約期間は
    これを利用できるようにすること、
    また、「雇い止め」等
    雇用の継続が困難になったときにおいても
    できる限り長く利用できるよう
    強く指導してください。


回答3.国が、
    社員寮等を解雇後も使用させた企業に
    補助金を出すことになったので、
    それを利用してほしい。


要求4.要件を満たし、
    居宅生活が可能と認められる
    住居喪失者については、
    生活保護の実施要領
    (厚生労働省社会・援護局保護課長通知
    第7の30−6)にある「敷金支給」を実施して、
    できるだけ速やかに居宅保護を行なうよう、
    県下の各市町村に指導してください。


回答4.法律に基づいて、
    必要な人には受給できるよう対応していく。


要求5.大分県大分市や
    杵築市で行なわれているように、
    いわゆる「非正規切り」で失職した労働者のための
    雇用創出を三重県自らが行なってください。


回答5.第二次補正で
    国が枠を作った場合には
    それを利用したい。
    現段階で三重県として独自に行なうことは、
    財源がないのでできない。


要求6.以上の施策は
    1年以上の適正な在留資格を持つ
    全ての外国人労働者に対しても、
    国籍により差別することなく
    平等に実施してください。


回答6.外国人を差別することはなく、
    平等に取り扱う。


ユニオンみえ 広岡法浄書記長談話
国が色々施策と言うことで打ち出しているが、
実際にハローワークに行って確認すると、
利用できる人がほとんどいなかったりする。
たとえば、
敷金礼金の貸付事業を利用するには、
すでにホームレスになっているか、
寮を追い出されるという事業主の証明書が
必要だったりする。
しかも、
協会所属の不動産屋を通じて
すでに寮を申し込んでいなければならない。
さらに労金での審査をクリアしなければならず、
もっとも厳しい現状にある
多重債務者などが施策の外に漏れてしまう。
絶壁のようなハードルがいくつもあって、
本当に困っている人がそれを全てくぐり抜けるのは
大変だ。

事業主への寮費の補助も、
色んな計画書を作成したり
膨大な書類を提出することが必要で、
大手の派遣業者は利用するかもしれないが、
圧倒的多数の中小の派遣業者は
ほとんど利用しないだろう。

国は格好だけは付けたが実行性がない。
県も住宅課に話をして形を整えさせたが、
30戸では到底足りない。
緊急避難が出来るような施設(シェルター)を
早急に検討して準備すべきだ。
特に外国人のホームレスが
これからたくさん出てくる可能性が高い。
外国人労働者が利用できるような施設なり制度を
作るべきだ。

定額給付金というようなものをやる金があるなら、
本当に必要な人のために使うべきだ。
国がそれをやらないのなら、
市民の力でそれを実現していくしかない。


【関連記事】
ユニオンみえ:住居問題で県に申し入れ


労働組合ユニオンみえ(三重一般労働組合)
三重県の個人加盟制労働組合。
連合単産全国ユニオン加盟。
コミュニティユニオン東海ネットワーク、
コミュニティユニオン全国ネットワーク加盟。
派遣ユニオン東海加盟。
1958年結成。
住所:〒514-0003
     三重県津市桜橋3丁目444
電話番号:059−225−4088
FAX:059−225−4402
ホームページ:『ユニオン みえ』
http://homepage3.nifty.com/union-mie/
電子メール:QYY02435@nifty.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック