2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

新聞報道・11年度中にポルトガル語OK 静岡、愛知の運転免許試験(中日新聞)

kage

2011/01/03 (Mon)

11年度中にポルトガル語OK 静岡、愛知の運転免許試験
中日新聞・2011年1月3日

 静岡、愛知両県が近く自動車運転免許の学科試験を、従来の英語に加えてポルトガル語と
中国語でも実施することが、各県警への取材で分かった。警察庁によると外国語による免許試
験は昨年10月現在、全47都道府県が英語で実施。中国語は京都、宮城、和歌山、熊本の4
府県が導入しているが、ポルトガル語は全国初になる。

 製造業が盛んな東海地方には多くのブラジル人や中国人が住んでおり、母国語での試験実
施を求める声が高まっていた。

 静岡県警運転免許課は「翻訳した試験問題を検証する作業中で、2011年度中の開始が目
標」と説明。愛知県警運転免許課は「今春ごろの開始に向けて準備を進めている」と話す。警察
庁運転免許課は「外国で取得した免許を切り替える方法より、日本の交通ルールを勉強しても
らうことが望ましい」と説明している。

 09年度の法務省統計によると、各県で外国人登録しているブラジル人は愛知6万7000人、
静岡4万2000人、三重1万8000人、岐阜1万7000人で、全国の上位4位までを占めている
。中国人は愛知4万7000人、静岡1万3000人、岐阜1万6000人、三重9000人。

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20110103/CK2011010302000096.html
関連記事
スポンサーサイト