2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

シャープ・ピノイユニティ、ジーエルと団交開始。覚書を撤回させた模様(JANJAN)

kage

2011/09/12 (Mon)

インターネット新聞JANJANよりEsamanさんの記事を転載します
http://www.janjanblog.com/archives/50119


シャープ・ピノイユニティ、ジーエルと団交開始。覚書を撤回させた模様

2011年 9月 12日 23:55《 海外 》 《三重》 【フォト】 【動画】 【取材ニュース】 <労働・雇用>
Esaman

ピノイユニティ、シャープジーエルと団交開始。覚書を撤回させた模様。

先日報道いたしました、
三重県のシャープ系工場で結成された国内最大規模の外国人労働組合、
「ユニオンみえ・シャープ・ピノイユニティ」の続報をお伝えします。

前回記事:
国内最大規模の外国人労組誕生。三重シャープ系工場にて
http://www.janjanblog.com/archives/47828
EsaTube動画:
ピノイユニティ結成パーティー・ユニオンみえ 2011/08/20
http://www.youtube.com/user/esamanihi#p/u/12/QEYc4-p7Fis

ピノイユニティ結成を報じる三重新聞の記事。
ピノイユニティ結成を報じる三重新聞の記事。


秘密裏に200人の組合員を組織して、8月18日に旗揚げをした
「シャープ・ピノイユニティ」と、
会社側(株式会社ジーエル)との初めての団体交渉(*1)が9月1日、開催されました。

組合側からは、ユニオンみえの広岡法浄書記長を筆頭に、
シャープ・ピノイユニティの組合員のうち、公然化している20名(*2)が参加して話し合いが行われました。

交渉の内容については、詳細はまだ話せないと言うことですが、

「組合が求めた事項全てが認められたわけではありませんが、会社は法律を守っていくことを約束しました。
また今後とも、組合と話し合って問題を解決していく姿勢にある、ということは確認できました。
200人を組織した成果です。これからも団結を維持し、差別・パワハラのない民主的な職場をつくりあげて行きたいと思います。」

とのことでした。

前回の記事をもとに、シャープ系工場(株)ジーエルとの争点を整理します。
「シャープの製品となるものを作っている工場」である、シャープ系工場(株)ジーエルでは、

・一か月単位での細切れ雇用
・有給休暇が取れない、という覚書を書かされた
・社会保険に入れない、という覚書を書かされた
・会社側の用意したアパートに転居をしないとクビになるといわれた
・フィリピンに帰国する場合、退職届けにサインをさせられる
・送迎バス代を違法に天引きされている
・別の工場で働くときに支払われていた手当がなくなった

などの「大航海時代の奴隷のような扱い(組合員談)(*3)」を受けていたことが問題となっていました。

ピノイユニティ結成を知らせるビラ。8/18に出された。「私達は人間です。日本で働くことを認められた労働者です。奴隷ではありません」と書かれている。
ピノイユニティ結成を知らせるビラ。8/18に出された。「私達は人間です。日本で働くことを認められた労働者です。奴隷ではありません」と書かれている。


「有給・保険なし」については、わざわざ権利がないと覚書を書かせるというのは、
違法金利で契約書を作って、取り立てをしているヤミ金融のような行為であり、明確な法律違反です。
「法律を守る」ということであれば、この部分は当然撤回でしょう。

「会社側のアパートに転居しないとクビ」という奴隷のような扱いも、何の法的根拠もありません。
「法律を守る」ということであれば、当然撤回でしょう。

「帰国時に退職届けを出さなければならないこと」も、法的な根拠は何もないので、撤回されたのではないかと思います。
休み明けにちゃんと戻ればよいわけで、労働者の自由です。

送迎バス代が違法に天引(3000円)きされている問題については、微妙な点でしょう。
実態として、どのような送迎が行われていたのかによります。
ピノイユニティの組合員達の話では、送迎といっても各個人の家まで迎えにくるのではなく、
集合場所に時間を指定されて集まって、それで送迎される、というもののようでした。

そのような送迎方法をとっている会社は確かにありますが、
送迎バスで通勤することが義務付けられていて、月に3000円も取られるというのは、あまりにも高額であるといえます。

以上のことが、ピノイユニティの「会社側は法律を守ることを約束した」という答えから判る範囲のことです。

◇◇◇

筆者としては、シャープGLの現場では、もっと気になることがあります。
ここの労働者たちは、一ヶ月更新という「細切れ雇用」で働かされていました。
雇用主というのは雇用の安定化を図らなければならないので「よくないこと」であるのは確かですが、
法律的にはどうなのか、よくわからない部分です。

ですが、一ヶ月の細切れ雇用を容認していると、
一ヶ月ごとに契約更新がやってきて、
なにかがあると「解雇」ではなくて
「契約更新しない」という事実上の解雇をできることになります。

実際、このような労働者側の弱い立場を嵩(かさ)に来て、シャープ系工場(株)ジーエルではパワハラ(*4)が繰り返されていたという話でした。

「法律を守ること(*5)」というのは、まともな企業であれば、できていて当然のことであり、
とくにスバラシイ話でありません。

会社で頻発していたパワハラ発生の原因のひとつでもある、労働者の一ヶ月更新について、改善が望めない場合は「いつでもクビを切る権利」を会社が握ったままなのと同じなので、職場の状態はよくならないのではないか、と心配になりました。
もっとも、たとえ一ヶ月単位の細切れ雇用であったとしても、
職場に労働組合がある以上、そう簡単にクビをきられるわけではないのですが、心配です。
職場に200人の組合員を抱えながらも、
会社側の対応を懸念して、組合員の多くを非公然のままで望んだ、シャープ系工場(株)ジーエルとの第一回目の団体交渉。
母国を離れて、日本の産業を下支えしているフィリピン人達が、
再び「奴隷のような状態」にならないように、今後とも注目をし続ける必要があると思います。


ピノイユニティ結成にあたり、各機関に送った申し入れ書(1)。日本語と英語で、フィリピン人達の現状が書かれている。送り先はシャープ株式会社、厚生労働大臣、フィリピン大使館など。

ピノイユニティ結成にあたり、各機関に送った申し入れ書(2)。と結成パーティのお知らせ(左)。送り先はシャープ株式会社、厚生労働大臣、フィリピン大使館など。
ピノイユニティ結成にあたり、各機関に送った申し入れ書(1)。日本語と英語で、フィリピン人達の現状が書かれている。送り先はシャープ株式会社、厚生労働大臣、フィリピン大使館など。



ピノイユニティ結成にあたり、各機関に送った申し入れ書(2)。と結成パーティのお知らせ(左)。送り先はシャープ株式会社、厚生労働大臣、フィリピン大使館など。



*1 団体交渉労働組合からの団体交渉の申し入れに対しては、会社側は誠意をもって応じなければならないと法律によって定められている。
団体交渉の申し入れを会社側は断ることはできないし、正当な理由なく開催期日を延ばすことも許されない。

*2 公然化している組合員20名
会社側は労働者に比べて圧倒的に強い立場にあるので、
労働組合に参加している組合員は、労働組合に加盟していることを
「堂々と隠す権利」が法律によって認められている。
もちろん、労働組合に加盟していることを理由に解雇したり不利益な取り扱いをすることは禁止されているが、それでも会社側は嫌がらせや狙い撃ち解雇などをしてくるので、場合によっては誰が組合員であるかを隠すことは戦略上有効である。

*3 むかしの奴隷のような
奴隷というと労働者とはずいぶん違うと思っている人もおおいが、
奴隷にも少ないながら賃金が出ている場合や、家族を持てる場合もあった。
奴隷とは「人権と職業選択のない労働者」と考えることもできる。
そう考えると、ピノイユニティの労働者たち、労働者より奴隷に近かったのかもしれない。

*4 パワハラ
パワーハラスメントの略。
立場や権力の違いによって発生する侵害行為の総称。
上司が部下に行う場合が多い。
多くのパワハラでは、権力のある側が、自身に権力があるということを自覚せずにハラスメント行為に及んでいる場合も多く、パワハラであると自覚できていない場合も多い。
このような背景から、是正にはかなりの労力を要する。

*5 法律違反を守ること
法律に違反していないので、許される話である、ということには、ならない点に注意。
単に法律が整備されていないだけで「非常によくない行為」は、ままある。


8月20日のピノイユニティ結成パーティに集まった仲間達。写っているのは200人いる仲間のごく一部である。傍若無人な会社に対抗するため、まだ非公然の組合員も多いため写真はモザイク処理をしている。


関連リンク:
国内最大規模の外国人労組誕生。三重シャープ系工場にて
http://www.janjanblog.com/archives/47828

ユニオンみえ(三重一般労働組合)
http://homepage3.nifty.com/union-mie/
ユニオンみえ・ブログ
http://unionmie.blog.fc2.com/
関連記事
スポンサーサイト