2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

ユニオンみえ:トヨタ下請けで大勝利

kage

2008/10/27 (Mon)

――80人の団結で3次にわたるスト貫徹――

■直接雇用継続を実現!
ユニオンみえが、
トヨタ下請・光精工で80人の組合員を組織し、
大きな成果を勝ち取った。
違法派遣の状態から
直接雇用を勝ち取った労働者らを
再び派遣に戻そうとした会社側の企みを
3次にわたるストライキで押し返し、
直接雇用継続を会社に約束させたのだ。

光精工では長年、
約320人の外国人従業員が
偽装請負の状態で働いてきた。
2007年10月からは
「派遣」に切り替える体裁を会社は整えたのであるが、
現場での指揮命令系統などは何ら変わることはなく、
偽装請負時代から通算した実質的な派遣期間は、
派遣法上の派遣可能期間の上限である3年を
とっくの昔に超えていた。

偽装請負を派遣に切り替えるにあたり、
賃下げするとの通告に
抗議の署名運動を展開して解雇された2人の労働者が、
ユニオンみえに加盟。
三重労働局に違法な雇用実態の申告を行なった。
その結果、
労働者らは光精工の子会社に
直接雇用されることになったのだ。

■期間工をクビにして派遣に!?
直接雇用労働者となったものの、
外国人労働者の労働条件は、
派遣のときとまったく変わるところがなかった。
依然として「派遣会社」が雇用関係にまで介入する、
いわゆる「偽装直接雇用」状態が続いたのである。
また、
6ヶ月たったら元の派遣に戻すという話も、
派遣会社の担当者らから漏れ伝わってきた。

これに危機感を持った外国人労働者約80人が
ユニオンみえに加入し、
ユニオンみえの光精工ユニット「グルーポ光」を結成、
安定した雇用のもとで働けるようにしてほしいと
光精工に要求した。
光精工は団体交渉の席上、
一旦は「組合と話し合って解決をはかる」と約束した。
ところが9月15日、
ユニオンには何の相談もなく、
ユニオンみえ組合員を含む労働者200人以上に対して
「10月15日で雇用契約を打ち切る」と
一方的に通告を行なったのである。

仕事が減ったのかというと、
どうもそうではないらしい。
ユニオンみえが会社に問い合わせたところ、
「派遣でなら受け入れる」と言うのである。

ユニオンみえはこれに抗議。
翌9月16日には組合員全員参加の団体交渉を開催し、
雇用打ち切りの撤回を約束させて、
確認書への調印の約束も取り付けた。

ところが、
会社側は一向に、
約束した確認書への調印を行なおうとしない。
ユニオンみえ側がこれに抗議し、
9月19日、
本社工場においてストライキに突入したところ、
光精工は9月16日の団体交渉における約束を反故にして、
確認書にサインしないと通告、
あくまで10月15日で雇用を打ち切り、
仕事を続けたければ派遣になれといいだしたのだ。

ユニオンみえは
さらに2回にわたり波状ストを貫徹した。
そして、
10月12日からは無期限・全面ストライキを構えた。
全面スト突入直前の11日、
土壇場のところで会社側が団体交渉を申し入れてきた。
そしてこの場で、
光精工は、全組合員の直接雇用の継続を表明し、
組合との合意に達した。
80人の団結を武器に
3次にわたる波状ストで闘った
ユニオンみえの光精工ユニット・「グルーポ光」80人の
大勝利だ!


【参考記事】
光精工は労働者の直接雇用を継続せよ
光精工闘争勝利報告集会決議
期間の定めなく直接雇用せよ!――光精工
外国人労働者の組織化とストライキ闘争


労働組合ユニオンみえ(三重一般労働組合)
三重県の個人加盟制労働組合。
連合単産全国ユニオン加盟。
コミュニティユニオン東海ネットワーク、
コミュニティユニオン全国ネットワーク加盟。
派遣ユニオン東海加盟。
1958年結成。
住所:〒514-0003
     三重県津市桜橋3丁目444
電話番号:059−225−4088
FAX:059−225−4402
ホームページ:『ユニオン みえ』
http://homepage3.nifty.com/union-mie/
電子メール:QYY02435@nifty.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック