2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

会社側争う姿勢・伊賀の工場で労災(中日新聞)

kage

2011/04/14 (Thu)

会社側争う姿勢
伊賀の工場で労災
賠償訴訟の初弁論


 伊賀市の日系ブラジル人男性(35)が同市のINAX上野緑工場で2008年、指二本を切断する労災事故に遭ったのは職場で安全配慮がされていなかったことが原因として、INAX(愛知県常滑市)と業務請負会社のエフケン工業(福岡市)に二千三百万円の損害賠償を求めた訴訟の第一回口頭弁論が十三日、津地裁伊賀支部(田中伸一裁判官)であった。被告側は争う姿勢を示している。
 訴状によると、男性はエフケンに雇用され、〇六年から同工場に派遣。〇八年九月十二日、ユニットバスの樹脂生地を切断していたところ、カッターに指を挟まれた。
 エフケンは事故を労働基準監督署に届けず、男性が自ら報告して一〇年二月に労災認定された。
(中日新聞・朝刊・2011年4月14日)



関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック