2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

中労委で会社の組合つぶしとたたかう(光精工)

kage

2011/01/25 (Tue)

中労委で会社の組合つぶしとたたかう

 昨年9月14日、三重県労働委員会が会社側の主張を一方的に取り入れ、組合差別を公然と容認する不当命令を出してきた事に対し、いま、中労委でのたたかいが始まっている。
 1月9日、中労委で代理人をひきうけてくれた弁護士の中野麻美さんが桑名市まで足を運んでくれ、組合員との打合せをした。冒頭、中野さんは「これ程たくさんの不当労働行為がおこなわれているのに、三重県労委はそれに目をつぶって不当な決定を下した。中労委では、不当労働行為の数々を暴いて徹底的に追求しましょう。」とたたかいの方向を示した。出席した組合員から、光精工の職場の実態が次々と明らかにされていった。光精工には「首さん」とよばれる課長がいて、外国人労働者に残業や土曜日曜出勤を強要し、労働者が断ると、即、派遣会社に連絡し首にしてきた。そのために1日18時間の仕事をさせられたり、1ヶ月に200時間も時間外労働をさせられたりする人がいた。偽装請負から直接雇用に切り替えた後もほとんど変わらなかった。
 2007年に派遣に切り替えたが、過去、偽装請負を続けてきたことが明らかになり、労働局の指導で2008年4月からは期間工として直接雇用に切り換えた。会社はこの時、6ヶ月間のクーリングオフをした後に、再び派遣に戻すことを考えていた。多くの労働者は二度と派遣に戻りたくないと考えていた。派遣に戻れば以前と同じで、会社のやりたい放題で、少しでも気に入られなければ派遣会社を通じて簡単に首を切られるようになってしまうからだ。80名をこえる労働者がユニオンに参加し、たたかう体制を整えた。
 会社の意識的な組合つぶしが始まった。課長が「組合に入っている人は皆、解雇されます。」といいふらしたり、会社の送迎バスに組合員を乗せなかったりするいやがらせがおこなわれた。  
 会社は2008年10月15日で全員の雇い止め(解雇)をすると言ってきた。怒った労働者はストライキで会社のもくろみを打ち破った。会社は6ヶ月の雇用延長を約束し、その間に期間の定めのない直接雇用にすることや労働条件の改善について誠実に協議するという協定書を交わし、とりあえずその場をしのいだ。しかし、それはもっと徹底した組合つぶしをするための時間稼ぎでしかなかった。2008年秋から会社は仕事をどんどん下請に外注しはじめた。仕事を減らした上で会社は年末にかけ、リーマンショックを口実にユニオンとの合意を無視し、一方的に希望退職の募集をおこなった。
 組合員の多くは希望退職に応じないで頑張った。一方、会社は希望退職に応じてやめていった労働者に対して下請け会社を紹介し、下請け会社で雇用するという工作もした。ある課長から「組合をやめたら仕事があるかもしれない」と声をかけられた組合員もいた。
 こうした組合つぶしの工作がおこなわれた挙げ句に2009年4月「期間工切り」がおこなわれ、組合員全員が解雇された。
グルーポ光の仲間から様々な事実が明らかにされた。中労委では組合つぶしの実態を暴露し、2009年4月の「期間工切り」が組合つぶしの集大成となったことを明らかにする。グルーポ光の仲間たちは長期戦に備えて自活体制を整えて頑張っている。ユニオンみえの総力をあげてグルーポ光の仲間たちとともに勝つまでたたかう。


===

ユニオンみえ(三重一般労働組合)
1958年結成。三重県の個人加盟制労働組合。
ひとりでも、パートでも入れる、頼りになる労働組合です。
http://homepage3.nifty.com/union-mie/
〒514-0003 三重県津市桜橋3丁目444
TEL: 059-225-4088 FAX: 059-225-4402
e-mail: QYY02435@nifty.ne.jp

ユニオンみえ・加盟組織
連合構成単産・全国ユニオン
コミュニティユニオン東海ネットワーク
コミュニティユニオン全国ネットワーク
労供労組協
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック