2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

「解雇権の乱用」で提訴―ジェイテクト・三重エデックー

kage

2010/10/28 (Thu)

9月9日、
ジェイテクトユニットの4人の仲間が津地裁に対して
トヨタの一次下請け会社ジェイテクト
派遣会社・三重エデックに対して
不当解雇撤回と損害賠償を求めて提訴した。
4人の仲間は2006年から2007年の間に
三重エデックに雇用され、
ジェイテクトに派遣されていた。
形は請負になっていたが
実際はジェイテクトの社員から
直接仕事の指示を受けて働く、
いわゆる偽装請負の働き方だった。
ジェイテクトはこの働かせ方の違法性を認識してか、
2007年3月から、
3ヶ月更新の期間工に雇用形態を変更した。
4人はその後約2年間
この働き方でジェイテクトで働いてきたが
2009年2月
4人ともに雇止めが通告され、
3月に3人が、
12月に残りの1人が解雇された。

多くの所で2009年春派遣切り、
期間工切りで無惨にも一方的解雇にさらされ、
泣き寝入りさせられてきた。
ジェイテクトユニットの4人の仲間は、
期間工切りの不当解雇と真正面から立ち向かい
今回の提訴に踏み切った。

「ジェイテクトとの間には、
 就労当初より事実上の使用従属関係があり、
 期間のさだめなき労働契約が存在している。
 解雇は解雇権の乱用であり、無効」だ。

ジェイテクトはジェイテクトユニットの4人の仲間を
解雇した後も、
他社の応援部隊を導入したり、
最近では新たに求人を出したりしている。
ユニット代表の福島さんは、
「3年がんばったら社員になれるという言葉を信じて
 頑張ってきたのに、
 一方的にクビされた。」
「私たちはジェイテクトに戻りたいだけです。
 裁判を頑張って職場に戻りたい。」と訴えている。

一昨年から昨年にかけて数百万人の非正規労働者が
一方的に仕事を奪われた。
住む所もなく
有無を言わせず、職場から放り出された労働者は
数知れない。
ジェイテクトユニットの4人は、
こうした無数の声を代表したものだ。
ユニオンみえは全力をあげて4人と共にたたかう。




労働組合:ユニオンみえ(三重一般労働組合)
三重県の個人加盟制労働組合。
「連合」構成単産・全国ユニオン加盟。
コミュニティユニオン東海ネットワーク、
コミュニティユニオン全国ネットワーク加盟。
1958年結成。
住所:〒514-0003
     三重県津市桜橋3丁目444
電話番号:059−225−4088
FAX:059−225−4402
ホームページ:『ユニオン みえ』
http://homepage3.nifty.com/union-mie/
電子メール:QYY02435@nifty.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック