2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

光精工は労働者の直接雇用を継続せよ

kage

2008/10/07 (Tue)

光精工(三重県桑名市)は10年以上にわたり偽装請負のもと、
300人にものぼる外国人労働者を働かせてきました。
すなわち、
職安法44条に違反した労働者の供給を
受けてきたのです。
2007年10月になって派遣に切り替えてきましたが、
過去、違法な偽装請負状態で働かせてきたことから、
2人の組合員が三重労働局に申告した結果、
光精工は三重労働局の指導を受け、
全ての派遣会社の契約を破棄し、
2008年4月16日より
300人以上の派遣労働者を直接雇用しました。
三重労働局の指導は
雇用の安定を図る、
すなわち「期間の定めのない雇用にする」ということで
あったはず(久米職安課長言)が、
会社は6ヶ月の有期契約しか
出してきませんでした。
しかも直接雇用なのに
劣悪な労働条件は派遣の時と変わらず、
派遣会社が大きな顔をし、
雇用関係にも口出しまでしてきました。
また、
6ヶ月したら元の派遣に戻すという話が
派遣の担当者らから漏れてきました。

これに危機感を持った労働者約80人が
ユニオンみえに加入し、
会社に
安定した雇用の下で安心して働けるようにして欲しいと
要求しました。
これに対し、
会社は団交の席上、
組合と話し合って解決をはかると約束しておきながら、
9月15日、
多くの組合員を含む200人以上の労働者に一方的に
10月15日で雇用契約を打ち切る通告をしてきました。
会社に確認すると
派遣でなら受け入れると言うのです。
組合はこれに抗議して全員参加の団交を開催し、
撤回を約束させ、
さらに確認書に調印することを約束させました。
ところが会社はこの約束を守らないため、
9月19日、
本社工場においてストライキに突入し、
直接雇用の継続を求めました。
ストライキ行動のさなかに役員会が開催されましたが、
会社は組合との約束を反故にし、
確認書にサインしないと通告してきました。
あくまで10月15日で雇用を打ち切り、
仕事を続けたければ派遣になれということです。

組合との交渉結果を無視し、
一方的に雇用を打ち切ることは断じて許されません。
また、
松下プラズマ判決において明らかなように、
偽装請負の期間は違法な契約期間であり、
光精工が黙示の労働契約の成立により雇用主です。
その後の派遣期間も派遣が認められないことから
全員を直接雇用したものであり、
同様に違法な契約期間であることから
黙示の労働契約が成立し、
光精工が雇用主に他なりません。
今回の雇用打ち止めは、
契約期間が満了したことから、
いつでも首がきりやすいように派遣にしておくというもので、
合理的根拠など何もありません。
長い人で14年も働き続けています。
雇用期間の長い90人の労働者から
選別して直接雇用を維持すると会社は主張していますが、
会社には全員の直接雇用を維持する義務があります。
初めて期間雇用されたのとは訳が違います。
雇用の安定を図ったことにもなりません。

一方、
2009年3月になると、多くの工場で
派遣期間が3年の「抵触日」に差し掛かる派遣労働者が
大量に発生します。
いわゆる2009年問題です。
光精工は、
3年以上派遣状態で働かせてきたことから
抵触日に触れたので直接雇用したとも
新聞記者らに発言しています。
仮に抵触日後の直接雇用という理屈でも、
6ヶ月のクーリング期間を置いたからと
同じ労働者を同様に派遣に戻すなど、
直接雇用の偽装にすぎず、
抵触日の意味を成さない行為であり、
認められるわけがありません。
違法な労働者供給・派遣を続けてきた会社では
なおさらです。
工場への派遣は
あくまで臨時的・一時的に特別の条件で
認められているに過ぎず、
クーリング期間が終わったとして派遣に戻すことは
許されません。
私たちはこの闘いを
2009年問題としても闘っていきます。

組合は波状ストで闘い続けています。
10月12日の午前8時からは
無期限ストに突入します。
ストライキ中の職場に派遣することは
派遣法で禁止されています。
会社はあくまで組合と全面対決をして
雇い止めを強行するのでしょうか。
そうなったら私たちは
ピケットを張って闘う権利があります。
派遣労働者を一人たりとも中に入れないために。
安心して働き続けることのできるよう、
またピンハネをなくし、
仕事に見合った賃金を支払われるようにと
当たり前の要求をしているのです。
組合はストライキを打って闘っています。
また、
10月12日には
桑名市内で集会とデモ行進を行います。
全国の仲間の皆さんのご支援をお願いします。


「光精工の偽装直接雇用を粉砕し
 期間の定めのない雇用を実現する決起集会」
日時:10月12日(日)午後1時から
場所:うまさかした公園(桑名市新西方・マイカル桑名となり)
   (JR・近鉄桑名駅より三交バス5・6・7番線
    「マイカル桑名」・「マイカル桑名口」下車。
    名古屋駅名鉄バスセンターより 
    三交バス1番線「マイカル桑名口」下車)
デモ行進:桑名市大山田団地一帯



【参考記事】
光精工闘争勝利報告集会決議
期間の定めなく直接雇用せよ!――光精工
ユニオンみえ:トヨタ下請けで大勝利
外国人労働者の組織化とストライキ闘争
光精工:ユニオンに団結して闘う
光精工:ユニオンに団結して闘う


労働組合:ユニオンみえ(三重一般労働組合)
三重県の個人加盟制労働組合。
連合単産全国ユニオン加盟。
コミュニティユニオン東海ネットワーク、
コミュニティユニオン全国ネットワーク加盟。
1958年結成。
住所:〒514-0003
     三重県津市桜橋3丁目444
電話番号:059−225−4088
FAX:059−225−4402
ホームページ:『ユニオン みえ』
http://homepage3.nifty.com/union-mie/
電子メール:QYY02435@nifty.ne.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック