2006 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2006 11

ユニオンみえに求められていることは何か

kage

2006/10/25 (Wed)

組合の行動で
組合員が車に乗り合わせて出かける機会が
多いことから、
車の運転をめぐっては様々な意見が出る。
私はできる限り地球に優しい走り方をしよう、
人に優しい運転をしようと
心がけているつもりであるが、
どうも、
そうは思われていない気がする。
たとえば、
下り坂で急に信号が黄色になったりすると、
止まるべきか、そのまま進むべきかを
とっさに判断しなければならない。
環境も大事、安全も大事。
急に止まると環境に悪いし、
追突される恐れもある。
そこで、
たとえ信号が途中で赤に変わっても、
安全確認しながら進むことになる。
普段はこうして環境に配慮していることから、
ハイブリッドカーでなくとも
燃費はかなり良い。
ところが問題は急いでいるときだ。
津から名古屋まで1時間ちょっとしかない時など、
ほんとに困ってしまう。
こんな時に乗り合わせた組合員の話に
尾ひれがつき、
「広岡の運転は怖い」と言われているのではないか。
もうひとり、
よく運転する組合員で
「Sちゃん」と呼ばれている人がいる。
この人の運転も
すこぶる評判が悪い。
話に夢中になると
前を見ずに横を向いてくる、
信号が赤なのに
直前までスピードを落とさない。
などなど。
ユニオンみえを強い組織にするためには
 ○○長と書記長が車の運転方法を
 改めることが不可欠」との指摘も
聞こえてきそうであるが、
定期大会ではこのような意見は出てこない。
こうした意見が自由に言える組織への脱皮が
必要か。
ともかく、
意見が出ることを歓迎し、
批判されることに対し謙虚に耳を傾ける度量が
求められている。
東海ネット合宿での模擬団交も良かったが、
一度、車の運転をめぐる討論会でも
企画するか。

定期大会といえば
10月1日に開催されたが、
私はそこで「雪だるま運動」を提唱し、
承認された。
初めは小さな雪の塊が、
地面の砂や小石も巻き込みながら
ドンドン大きくなっていくイメージだ。
加入した組合員一人ひとりがくっつきながら
雪だるまのように大きくなっていく。
あわせてユニオンみえの組合員を
1,000人にする方針も提起し
承認された。
雪だるまのように転がしていくだけで
ドンドン大きくなる。
こんなにうまくいけば楽しい。
結成50周年までおよそ500日。
1日ひとり増えれば
500日で500人増える計算だ。
皮算用ならず、雪だるま算用。
初めのひと転がしは小さくても、
大きくなり出してからのひと転がしは
大きい。
加速度がついてくる
私がじたばた動き回らなくても
組合員の皆さんが動いてくれる。
最近の事務所の雰囲気からすると
あながち夢ではない。

とはいうものの、
自然にはそううまくはいかない。
そこで
「業務らくらく検討委員会」で検討してもらい、
多くの組合員のみなさんに業務を振り分け、
分担を検討してもらう。
ここまでは何とかなると思うが、
そのあと引き受け手の確保が問題だ。
組合員の皆さんの協力にかかっている。
私のできることはまず、
車の運転をまかせることか。
「Sちゃん」はハンドルを離さないことで有名だが、
そこを何とか辛抱してもらい、
他人が自分の車を運転することに
慣れてもらう。
そうすればユニオンみえに対する協力者は
格段に増えるのではないか。
人に任せることができるか否かが、
正否の分かれ道になりそうだ。

雪だるま運動と業務らくらく検討委員会で
500日後の50周年には
1000人の組合員に。
さて、
50周年で何をするのか。
40周年で喜納昌吉を呼んだが、
同じ発想では40周年を超える企画は
無理だと思う。
今、
ユニオンみえに求められていることは何か。
皆さん、一緒に悩んでください。


労働組合ユニオンみえ(三重一般労働組合)
三重県の個人加盟制労働組合。
連合単産全国ユニオン加盟。
コミュニティユニオン東海ネットワーク、
コミュニティユニオン全国ネットワーク加盟。
派遣ユニオン東海加盟。
1958年結成。
住所:〒514-0003
     三重県津市桜橋3丁目444
電話番号:059−225−4088
FAX:059−225−4402
ホームページ:『ユニオン みえ』
http://homepage3.nifty.com/union-mie/
電子メール:QYY02435@nifty.ne.jp
スポンサーサイト