2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

カテゴリ:ジャパンマテリアル の記事リスト(エントリー順)

東芝の下請け会社との闘い 

kage

2017/04/24 (Mon)


『 私は1人ではない!たたかい続けます。』
ーーー ジャパンマテリアル ーーー


 2014年4月1日、会社に籍を置いたまま会社に対し裁判を起こしました。内容は労働契約法違反(賃金減額)です。本提訴直後、会社は私への貸与物全てを没収し、会社に置いていた私の持物全てを自宅に持って帰れと強制し36日間の自宅待機を命じられました。自宅待機解除後はこれまでと全く違う仕事(事業所1F~3Fの階段と廊下の拭き掃除、事業所周辺の草取り、2.5kmにわたる道路のゴミ拾い、駐車場の清掃など清掃業務)を命じられました。更に回覧板名簿から私の名前を消され社内ランを切られ会社の全ての情報を遮断されました。会社は従業員に“私の無視と村八分”を命じました。私が会社を提訴したことに対する報復が始まったのです。同年9月末、私は会社の報復に対し追加提訴(パワハラ、人格権の侵害)しました。つまり2つの裁判を起こしたのです。一審判決後双方が控訴し2017年3月30日名古屋高等裁判所で控訴審判決が出ました。本訴は残念ながら希望する判決は得られませんでしたが、追加提訴は会社の違法行為が認定されました。

 そもそも私が裁判を起こした究極の目的は、“会社と労働者が対話出来る企業風土、健全な労使関係を構築すること”でした。その為には労働組合が絶対必要との信念がありました。裁判と並行し労働組合結成の行動を起こしました。連合幹部と会い組合結成の相談をしましたが大手企業志向の連合とは考え方が異なりお断りしました。その後、ある有力者を通し管理職ユニオン幹部を経てユニオンみえの広岡書記長を紹介して頂きました。その後、数回お会いしました。裁判(第一審)の証人尋問の際、広岡書記長と執行部の福田さんが裁判所に応援に来て下さいました。次第に『ユニオンみえさんは信頼できる仲間』と思えるようになりました。
 
 私は2017年3月31日で60歳定年になりました。2016年6月から会社に定年後も再雇用を希望しましたが会社は私を雇用したくないので再雇用条件の壁を高く設定してきました。そこで広岡書記長に相談しました。3回目の団交でようやく労働条件も決まり再雇用が決定しました(2017年2月28日)。ところが3月31日(金)午後5時、定年退職の30分前に会社は再雇用契約の破棄を言ってきました。(詳細のやり取りは省略させて頂きます)
 
 また会社と闘いが始まりますが、私は絶対に負けません。精神的に落ち込んでもいません。私は“益々、元気です”。何故なら、私にはユニオンみえの仲間がいます。一人ではないのです。連帯と団結があります。


p2310080.jpg




 私は現在“ユニオンみえ東芝関連ユニット”を結成し、東芝四日市工場前でビラ配布や拡声器を使い、労働者の味方“ユニオンみえ”組織拡大に向け活動しています。
 これからも“連帯と団結”のもと、各職場で“健全な労使関係の実現”を目指し頑張ります。

 “ユニオンみえ”に加入して精神的ストレスから解放されました。心身共に健康になりました。これからも、よろしくお願いいたします。    <ローカルネット  I>



<Don2 63号より>

スポンサーサイト