2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

カテゴリ:トヨカフードリサイクル の記事リスト(エントリー順)

悪質産廃運送会社、運搬許可取り消し

kage

2016/10/25 (Tue)

 
悪質産廃運送会社、運搬許可取り消し
― トヨカフードリサイクル ―

 
 前号でも紹介した伊賀市にある産廃運送会社、トヨカフードリサイクルですが、実は、産廃の運送事業の認可しか無く、リサイクルをしてはならないにもかかわらず、引き取った食品を転売し、不当に利益を得ていたことが、ダイコー事件をきっかけに、県当局による査察により発覚し、産業廃棄物運搬許可を取り消されることがほぼ確実な事態となり、業務を停止してしまいました。

 会社とはこの間、数度にわたる団体交渉を行ってきたのですが、契約書では月額賃金となっていて、週40時間で計算すると、時間あたり1,200円以上になるにもかかわらず、社長が頑なに「時給1,000円で雇用していた。」と譲らず、組合側が主張する契約書に記載された月額に基づいて賃金、時間外手当を払えという要求には団交に同席した社会保険労務士でさえ、私たち組合側の主張に理があるとして社長の説得をしたのですが、社長が同意せず、そのまま今の事態に至ってしまっています。組合は、伊賀労働基準監督署に対して、契約に基づいての賃金および待機時間を労働時間と認めての賃金を支払わせるべく、未払い賃金の申告をしています。

 
 会社側は、9月中旬に従業員説明会を開いたのですが、これまでの仕事を続けたい人は、新しく事業を引き継ぐ会社に紹介はする。しかし、採用・不採用は会社の都合次第。トヨカフードリサイクルに残りたい人は残っても良い。ただし、時給1,000円で会社の残務整理をしてもらうという内容で、先の見通しは全く無く、そもそも一日あたり8,000円では生活していけないという現場からの声に対して、会社の雇った弁護士は平然と従業員の雇用は守ってやっているんだと言わんばかりの態度です。

 こうした会社のふざけた対応には、「ふざけるな、俺たちの生活を考えたことがあるのか。みんな家族を背負って生きているんだ!こんなことになった責任は社長にある。責任を果たせ!」と、怒りの声が上がりました。

 これから先、厳しい状況が待ち受けていると思いますが、組合は、働く者としての誇りを持って、会社側を追及し、社長の居直りを許さない闘いを続けていきます。

<Don2 61号より>





スポンサーサイト

新たな分会、結成される

kage

2016/07/26 (Tue)


伊賀市で待望の分会を結成


ー トヨカフードリサイクル ー


 伊賀市にある食品リサイクル会社、トヨカフードリサイクル。この会社で働く労働者は、長年過酷な労働条件と、その条件に見合わない低賃金で働かされてきました。それゆえ、会社に対して不満を持ち、その改善を申し出た人は「嫌なら辞めたら」「他所で働け」といったパワハラ攻撃によって次々と会社を辞めていく状態でした。
 
 「このままではいけない、なんとかしないと」と、立ち上がった人たちがユニオンみえに相談に来て約半年、待望の組合、ユニオンみえTFR分会を結成しました。
 
 この間、愛知県稲沢市にあった食品リサイクル会社のダイコーによるCoCo壱番屋の廃棄カツ横流し事件に端を発し、全国の食品リサイクル会社に一斉査察が入り、トヨカフードに対しても県当局の査察が入った結果、違反が見つかり、仕事量が減り、賃金が時給で支払われていたため、労働者の賃金が月々約5万円分も減らされました。

 組合員は、こうした理不尽な待遇にも耐えながら、組合の立ち上げに向けて話し合いを続け、4月6日に結成大会を開きました。会社に対し、ハローワークに提示している募集要項通りの賃金の支払い、未払い賃金の支払い、労働基準法に基づいた労働条件と適正な賃金を求めて団体交渉を申し入れ、今まで3回交渉を続けてきました。組合は、契約書において基本給が月額表示されている。所定労働時間が週40時間を超えている。基本給は、週40時間の所定労働時間働いた場合、満額払われるべきで、それを超えれば時間外賃金を払わなければならないと主張。会社側の社労士も認めているにもかかわらず、社長は頑として「基本給はこれまで払ってきた時間給が基本給だ。」と、頑なに一歩も譲ろうとしません。

 3回目の団体交渉は決裂。組合はストライキを含む行動に入ると宣言し、終了しました。ところが翌日、社長から次回の団交を入れて欲しいとの提案があり、4回目の団交が7月27日に決定しました。

 分会は闘争体制を固め、会社側を追い込んでいく決意を固めています。組合員のみなさんの、ご支援とご協力をお願いします。




<Don2 60号より>