2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

カテゴリ:斉木運送 の記事リスト(エントリー順)

斉木運送・社長の息子(弁護士)が組合にスラップ訴訟⇒棄却!会社側敗訴!!

kage

2016/10/25 (Tue)


斉木運送・社長の息子(弁護士)が、組合および組合員を相手にスラップ訴訟--------→ 棄却!会社側敗訴!!


 今年の1月にユニオンみえに加入し、闘い続ける斉木運送分会及びその組合員、さらに、ユニオンみえ、ならびに広岡書記長に対し、斉木運送の社長の息子(弁護士)と、同社代理人の大佛弁護士が組合の街宣活動を禁止する仮処分裁判を起こしてきた。
 
 両弁護士は斉木運送の2階の運転手の休憩室を弁護士事務所に改装し、業務をしているのですが、「組合の街宣等の活動は業務の妨害にあたる。」として、これの禁止を求め、違反したときは訴えを受けた組合及び組合員らが連帯して1日につき100万円の金員を求めるという、裁判所を利用して組合の活動を禁じる間接強制・スラップ訴訟だった。

 裁判所から7月6日に出頭するようにとの文書と連帯して1日100万円を支払えという訴状が7月2日から3日にかけて各組合員の自宅及び組合に郵送されてきた。組合員はびっくり。早速、これまで代理人を引き受けてもらっている四日市のリベラ法律事務所の馬場弁護士、芦葉弁護士に相談し、代理人を引き受けてもらい、徹夜で答弁書を書いてもらった。

 会社は3月20日すぎに組合員を全員解雇し、業務を停止し、会社の事務所を閉めてしまった。これに対し、5人の組合員は会社を相手に解雇無効、賃金支払、さらには未払い賃金支払いを求める裁判を起こしていた。ところが、会社は事務所を閉めて訴状を受け取らず、さらには社長の自宅も、昼間はわざと留守にして郵便受けにガムテープを貼って、文書が届かないようにするという、ふざけた対応を繰り返し、裁判すら始められないという状態が続いていた。指南したのは弁護士をしている息子であることは確実だった。こうした不当な対応を続ける斉木運送に対し、組合は街宣活動を強化していった。この活動を妨害するため、息子の弁護士が組合の活動は弁護士の業務を妨害する行為だと強弁しての裁判を起こしたのであった。

 3回の審尋が行われ、8月24日に結審し、9月9日に「本件申し立てをいずれも却下する」とする、組合全面勝利の決定を勝ち取り、スラップ訴訟・間接強制を粉砕した。昨年9月30日の分会書記長地位保全仮処分裁判での勝利、6月27日に勝ち取った労働委員会命令に続く3連勝だ。

斉木手交

<分会長に労働委員会の命令により団交拒否に対する謝罪文を手交する会社・会社側代理人弁護士>


 分会はアルバイト体制の下、団結権侵害に対する損害賠償請求裁判、5人の組合員に対する地位保全・未払賃金請求裁判、労働委員会での支配介入問題での不当労働行為救済申立と、数多くの裁判、労働委員会闘争を継続している。

 街宣禁止仮処分裁判の中で斉木運送と息子の弁護士が一体であることがあまりに明白になってしまい、困った息子の弁護士は現在係争中の裁判・労働委員会から斉木運送の2階に事務所を構える大洋綜合法律事務所のすべての弁護士を退任させ、新たに四日市のみなと総合法律事務所の山本弁護士に丸投げした。勝利に向けてさらに前進したと言える。

<Don2 61号より>





スポンサーサイト

四日市の運送会社、不誠実対応を続ける

kage

2016/07/26 (Tue)


逃げ回る会社を許さず、責任を追及する


 4月22日付にて組合員全員解雇となってから数か月が経ちました。それぞれアルバイトなどで生活を維持しながら組合活動を続けています。どうしても時間的に目に見えての会社に対する組合活動が出来ないという歯がゆさがあります。

 そんな中、労働委員会にて、団交拒否事件が6月15日に結審し、6月27日には早々に命令書が出ました。これを皮切りに、労働委員会の“不当解雇”の件、裁判の“団結権侵害”が一気にゴールまで突き進んでほしいと願っています。 

斉木


 今や、というか今でも斉木運送は完全に“逃げ”の態勢です。分会書記長の仮処分に対し「本訴をしろ」と会社側が申し立てておきながら、こちらが本訴の手続きをすると、会社側はその訴状を受け取らないという状態が続いていて、弁護士さん始めみんなで頭をかしげています。分会書記長の賃金の仮払い金も5月までしか払われず、6月は未払いとなりました。

 奇妙な行動は続きます。社長宅は郵便受けに目張りをし、昼夜問わず誰もいない状況になっています。どこかに逃げたとしか考えられません。しかし、完全に逃げきっている訳でもなく、先日労基署の方が会社に訪問した時社長らしき人がいたと教えていただきました。“らしき人”の特徴を聞くとまさに、斉木運送社長の斉木実でした。相変わらず、労基署の方が声をかけても「上に(斉木運送事務所の2階にいる息子の弁護士事務所)任せてある」の一言で事務所の中に逃げていったそうです。

 不当労働行為を繰り返し営業していた頃と全く態度が変わらず、反省どころか我関せずの精神が許せません。

 今は会社の清算という形らしいですが、私たちに対して何一つ“清算”出来る行動をとらない斉木運送に対して、数か月たった今でもなんら変わりない想いが私たちにはあります。
 
 この想いを胸に、引き続き組合活動を頑張っていきたいのですが、なかなか分会員だけでは手が足りない時もあると思いますので、これからも組合の皆様のご協力を頂けたらと思います。みなさん、引き続きの応援をよろしくお願いします。



<Don2 60号より>


~ 最近のユニオンのたたかいから ~ 斉木運送

kage

2016/05/09 (Mon)

 組合活動をはじめたら”廃業”対置


  私たちは、平成26年7月の給料を予告もなく全員カットという出来事をきっかけに11月ある組合に6名が加入しました。翌年4月に結成通知をした途端、会社からのあからさまな不当労働行為の嵐でした。

 まず、結成通知の次の日に一人の分会員に120万ほどのお金を扇状に見せびらかし、組合からの脱退勧奨をしたり、分会長の配置転換に、分会書記長の解雇、分会長と分会員に対する解雇予告、団交拒否諸々と書ききれません。組合を結成したというのに次から次へと仕掛けてくる斉木運送の社長と嫁は普通ではありませんが、もう一つ普通の会社とは違う点があります。それは、会社の2階に社長の息子が弁護士事務所を開いている事です。この息子は、会社とは何の関係もないのに、当たり前の顔をして会社の車を乗り回し、会社の安全会議にもなぜか当たり前の顔をして出席しています。しかし、ある組合からファックスなりアクションを起こすと必ず、すぐに社長と嫁は2階に相談にいきます。それに対して、ある組合は専従の方が見えなかったというのもあり、どうしても対応に時差が生まれる事になりました。 
 そんな中でも、労基署に行ったり労働委員会に救済の申し立てをしたり書記長の仮処分が決定したり、記者会見したり団結権侵害で裁判を起こしたりと奮闘しましたが、会社からの嫌がらせと兵糧攻めは続きました。ハッキリ言って嫌がらせならある程度我慢もできます。一番きついのは兵糧攻めです。斉木運送は完全歩合制なので、仕事を与えられなければ給料は全くありません。それが何か月も続けば…。そんな中で、私達はある組合に対して過剰に期待しすぎていたのか?こんなに会社からやられっぱなしで反撃する事もできないのか?この辺が引き際なのかと悩んでいました。しかし、すでに弁護士さんにも何件も頼んでいた事などもあり、このまま泣き寝入りをする訳にはいかないという思いで最後の砦として平成27年12月ユニオンみえに相談にきました。

 労働組合の事はそこそこわかっていたつもりでしたが、こんなにも組合によって考え方や行動の早さ、決断力が違うんだと驚きました。早速帰って分会員と相談をし、平成28年1月6名全員移行という形になりました。すぐに団交申し入れ、すぐに街宣車、すぐにストライキなどなどユニオンみえのアイデアや行動力に驚かされるばかりでした。

 ユニオンみえに入ってから、未払いの一部が払われたり息子が表に出てこなくなったりしましたが(裏では指図してます)ある日突然会社を廃業にすると言いだし、合意退職か解雇かという2択を迫られました。2択といっても、結局会社からしたら同じ話です。合意退職と解雇の違いは、次の就職先に対しての聞こえの問題だけだそうです。合意退職しても、お金は一銭も発生しません。3月20日には非組合員は合意退職で全員辞めました。

saiki.png

 残っているのは、組合員のみですが、もうすでに解雇予告が届いていて4月22日には全員解雇らしいです。そんな中、書記長の仮処分に対して起訴命令申し立てを会社がしてきました。廃業といっているのに今さら意味が分かりません。

 この件も含めて色々と前途多難ではありますが、私たちの戦いはまだまだ長く続くと思います。またみなさんのお力をお借りしなければいけない時もあると思いますが、その時はぜひともよろしくお願い致します。

   ― 記 ・ 斉木運送分会 書記長 ―



<Don2 59号より>