2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

カテゴリ:社労士懲戒 の記事リスト(エントリー順)

社労士懲戒を受け、三重労働局も再発防止に向け対応!!

kage

2016/09/01 (Thu)


 昨年12月7日、㈱四日市市生活環境公社がユニオンみえとの団交に社労士を出席させ、出席した社労士が、組合の警告を無視して勝手に発言を繰り返し、組合が会社の社長の出席を求めたことに対し、「社長出せっていうなら委員長出せよ!」などと組合を敵視する暴言を吐き、組合からの再三の発言の制止も聞かず労使関係を損なう発言を繰り返した。今年1月22日の団交にもこの社労士が出席し、組合が退席を求めたのに対して「流会だ」と発言し、団交を流会させた。この社労士は、津市に事務所を構える綜合経営労務センターの代表者、田中克己社会保険労務士だ。(前回ブログ


 田中克己社労士のこれらの行為は、社労士には認められていない代理行為であり、しかも、労使関係を損なう行為であり、社労士会の懲罰対象になる行為であることから、ユニオンみえは、今年3月8日、三重県社会保険労務士会に社会保険労務士法第25条に基づき、田中克己社労士を懲戒処分するよう申し立てた。(前回ブログ


 その結果、今年4月22日、三重県社会保険労務士会は、田中克己社労士に対して3ヶ月間の会員権停止の処分を下した。



 ユニオンみえは、田中社労士が行った社労士の団交での代理行為、労使関係を損なう行為をさせないための再発防止等を講じるよう、今年8月9日に、三重労働局に対して申し入れた。
 局側は、必要に応じて局としての文書を出すことを検討していると回答し、文書を出したら組合にすみやかにに報告することを約束。その結果、8月18日、労働局としての『社会保険労務士の業務について』三重労働局から三重県社会保険労務士会へ下記のとおり文書が出されたことが組合に報告された。

社労士労働局文書①
社労士労働局文書②
社労士労働局文書(別添)


三重労働局HP



 ちなみに、田中社労士はその後、ユニオンみえとの団交には出席していない。
 





 



スポンサーサイト

3ヶ月の権利停止処分 -違法な代理人行為を繰り返す会社側社労士に -

kage

2016/04/28 (Thu)


会社側社労士ユニオンみえからの懲戒請求にて、 権利停止処分下される。 


 四日市市生活環境公社は、ユニオンみえに対して正常な労使関係を築こうとしていない。ユニオンは団交拒否や組合に対する不当な支配介入に対して、県労働委員会に救済申立を行っている。
 こうした中で行われた団体交渉で、異常な事態が発生した。昨年12月7日の団体交渉で、会社側社労士は「代理人」でなければできない会社側を代表する発言を繰り返した。組合が社長の出席を求めたところ、出席した社労士の田中克己は「社長を出せというなら委員長出てこいよ」等、挑発的発言を行った。組合が、社労士は代理人の資格はないので組合の許可無く発言しないよう忠告したが発言を続けたため、団交の席から退席することを求めたが、居座ってさらに発言を続けた。
 今年、1月29日地位の団交の場面では、社労士の退席を求めたが応じず、組合が社長の出席を求めたのに対し、「じゃあ、流会にしましょう」と流会宣言をして、当日の団交をぶち壊した。
 組合は3月8日、三重県社労士会に対して事実を報告し、田中克己社労士の懲戒請求を申し立てた。(前回ブログ)社労士は、社会保険労務士法第一条の二においって「常に品位を保持し、業務に関する法令及び実務に精通して、公正な立場で、誠実にその業務を行わなければならない。」と規定されている。全く反対の対応をしている。

▽                 ▽                  ▽
 4月22日、三重県社会保険労務士会は、ユニオンみえの申し立てを受け、田中克己社労士に対して3ヶ月間の会員権停止の処分を下した。

img175.jpg



 ユニオンみえは、悪質な社労士に対する運動を今後も続けていく。







田中克己社労士を懲戒処分に!三重県社労士会に処分申立。(改)

kage

2016/04/25 (Mon)

 
 四日市市生活環境公社は、団交拒否を続け、昨年12月7日、ようやく組合が申し入れた団交事項の内、一部の事項について団交に応じてきた。

 この団交に、津市に事務所を構える田中克己社会保険労務士が出席し、その中で組合の警告を無視して勝手に発言を繰り返し、組合を誹謗し、組合が会社の社長の出席を求めたことに対し、「社長出せっていうなら委員長出せよ!」と社労士とは思えない程の強い口調で暴言を吐き、「労働委員会で話せば良い、互いの主張が食い違いすぎている。時間の無駄だ。」等と言い、組合からの再三の発言の制止も聞かず労使関係を損なう発言を繰り返した。この社労士は1月22日の団交にも出席し、組合が退席を求めたのに対して「流会だ」と発言し、団交を流会させた。
 
 田中克己社労士のこれらの行為は、労使関係を損なう行為であり、社労士会の懲罰対象になる行為だ。

 社労士は弁護士と違い、労働争議時の団体交渉において、一方の代理人になることができない。(法第2条第2項)さらに、全国社会保険労務士会連合会の会則では、社労士会の会員が適正な労使関係を損なう行為をしてはならないことが明記されている。

 田中克己社労士の行為は、社労士法において禁止されている一方の代理人となる行為である。さらに、組合に対し非常に敵対的な発言を繰り返した行為は、社労士法で禁止されている適正な労使関係を損なう行為に他ならない。しかも、適正な労使関係を損なう行為を行うことは、社労士会の会則に違反し、懲戒対象となる。

 そのような者にもはや社労士の資格はなく、このような社労士が存在し続けることは、社会正義に反し、適正な社労士業務を行っている社労士に迷惑がかかることから、組合は、2016年3月8日、三重県社会保険労務士会に社会保険労務士法第25条に基づき、田中克己社労士を懲戒処分するよう申し立てた。
 
 下記の書類が、三重県社労士会に提出した請求文書。


田中懲戒


※ 今回、田中社労士が3ヶ月の権利停止処分となったため、実名を公表致します。