2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

カテゴリ:いろどり福祉会(津市) の記事リスト(エントリー順)

いろどり福祉会:90万円の賠償勝ち取る

kage

2009/01/23 (Fri)

11月27日、
津地方裁判所はいろどり福祉会・花紬に対して、
K組合員に90万円の損害賠償金を支払うように
命令した。

K組合員は2006年10月に
いろどり福祉会の運営する
ショートステイ「花紬」で
看護師として働き始めた。
働きはじめると同時に、
新規の看護師の採用を心よく思っていなかった
同僚のヘルパーたちから、
いやがらせやいじめが
仕掛けられた。

K組合員は上司に相談したが、
上司はマジメに対応しなかった。
そもそもKさんが同僚からいじめを受けたのは、
新規の看護師が来れば自分たちの仕事が
不安定になると感じたヘルパーたちが
いじめてKさんをやめさせようと考えて
行ったものであり、
会社の受け入れ体制の不備によって
起こったものだった。

Kさんは同僚ヘルパーたちの
執拗ないやがらせのために、
精神的に打撃を受け、
うつ病になり、
会社を辞めざるをえなくなった。

Kさんに対して会社は、
悪名高い楠井法律事務所の弁護士を立てて、
Kさんを訴えてきた。
Kさんはユニオンの指導のもとに
弁護士を立てずに本人訴訟で
会社の不当性を訴えてきた。

判決が出た後、経営者に
控訴を断念し、
判決を受け入れるよう求めるFAXを
集中した。
その結果、
経営者は控訴を断念し判決が確定した。

今回の裁判の勝利は
会社の不誠実で不当なやり方に対して
泣き寝入りせずに、
自分の主張を押し通した結果の
勝利である。
Kさんの努力とともに
ユニオンみんなの力でかちとったものだ。
一人では弱くても
みんなの力を結集すれば
大きな力となることを、
またも証明することができた。


【参考記事】
いろどり福祉会嫌がらせ事件、原告勝訴!


労働組合:ユニオンみえ(三重一般労働組合)
三重県の個人加盟制労働組合。
連合単産全国ユニオン加盟。
コミュニティユニオン東海ネットワーク、
コミュニティユニオン全国ネットワーク加盟。
1958年結成。
住所:〒514-0003
     三重県津市桜橋3丁目444
電話番号:059−225−4088
FAX:059−225−4402
ホームページ:『ユニオン みえ』
http://homepage3.nifty.com/union-mie/
電子メール:QYY02435@nifty.ne.jp
スポンサーサイト

いろどり福祉会嫌がらせ事件、原告勝訴!

kage

2008/11/27 (Thu)

――三重地裁、福祉会に90万円の賠償命じる――

■元職員、嫌がらせ跳ね返す大勝利!
三重県津市で老人介護施設を運営する
社会福祉法人いろどり福祉会(代表理事:別府亮一)の
元職員・Kさんが、
在職中に同僚から嫌がらせを受けて
うつ病になったとしていろどり福祉会を訴えていた問題で、
11月27日、
津地方裁判所で判決が言い渡された。
津地裁の久保孝二裁判官は
原告Kさんの訴えを認め、
いろどり福祉会に90万円の支払いを命じた。

Kさんは2006年10月10日、
いろどり福祉会の運営する
老人介護施設・「花紬」で働き始めた。

しかし、勤務初日から
いろどり福祉会の対応は実に異様なものだった。
判決によると、
その日Kさんが新任のあいさつ回りをした際、
同僚のFヘルパーはあいさつを返さず、
Mヘルパーはあいさつをしても横を向き、
Hヘルパーに至っては、
まだ何もわからないKさんに
名札をつけていないと怒鳴りつけるという
ありさまだったのである。

さらにその後も、
いろどり福祉会はKさんに
十分な業務指導を行なわなかった。
それでいながらいろどり福祉会では同僚が、
Kさんが何かミスをするたびに
「うっかりノート」なるものに
Kさんへの批判を匿名で書き込み、
それを職場で読み回していたのである。
その中には、
事前にきちんと指導を受けていなければ
Kさんには
注意のしようのないことであるにもかかわらず、
指導役のヘルパーの方ではなく
Kさんの側が批判される形になっているものや、
事実関係を把握しないまま
Kさんを名指しで批判するものもある。
判決は、
「この様な対応は,
 原告に対する嫌がらせと
 同人(筆者注:=Kさん)に評価されても
 仕方がないものである」と断じている。

Kさんはこのような仕打ちを受けて、
いろどり福祉会の施設長に相談したが、
施設長はKさんの話を聞く以上に
具体的な対応は取らなかった。

「原告は,
 花紬において夜勤に就いた当初,
 業務指導も十分に受けていない状態で,
 一人で介護勤務にあたり,
 その結果,
 取るべき対応が取れていないとして,
 名指しでうっかりノートにその誤りを指摘され,
 その後も,
 十分な業務指導を受けることがないまま,
 勤務するたびに,うっかりノートに
 その誤りを指摘され,
 そのことでH施設長やSチーフ(原文実名)といった
 管理者に相談しても,
 何ら具体的な対応を取ってもらえなかったために,
 このまま誤りを指摘され続けて
 勤務を続けることに耐えることができないほど,
 精神的に思い悩むようになり,
 ついには,
 辞めることを覚悟せざるを得ない様な
 状況に陥ると同時に,
 これによりうつ病に罹患してしまった」(判決)。

いろどり福祉会はKさんをうつ病に罹患させた上、
Kさんが組合に加入し、
経営者の責任を追及したことに対し
逆に債務不存在訴訟を起こして
さらに精神的に追い込んできた。
Kさんはこれに対し、
弁護士を付けず本人訴訟で反訴し、
うつ病の治療をしながら勝利を勝ち取った。
画期的な大勝利である。

いろどり福祉会は判決を受け入れ、
Kさんに嫌がらせを行なった職員を処分し、
ただちにKさんに謝罪するべきだ。
ユニオンみえは組合員・Kさんとともに、
利用者の命や身体をあずかる介護職場において
この様な陰湿な嫌がらせを断固一掃するため、
今後も奮闘する決意である。


【参考記事】
いろどり福祉会:90万円の賠償勝ち取る


労働組合ユニオンみえ(三重一般労働組合)
三重県の個人加盟制労働組合。
連合単産全国ユニオン加盟。
コミュニティユニオン東海ネットワーク、
コミュニティユニオン全国ネットワーク加盟。
派遣ユニオン東海加盟。
1958年結成。
住所:〒514-0003
     三重県津市桜橋3丁目444
電話番号:059−225−4088
FAX:059−225−4402
ホームページ:『ユニオン みえ』
http://homepage3.nifty.com/union-mie/
電子メール:QYY02435@nifty.ne.jp