FC2ブログ
2019 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 11

カテゴリ:未分類 の記事リスト(エントリー順)

三交タクシー営業所統廃合問題について

kage

2019/03/09 (Sat)

2019年3月9日

 

三交タクシー営業所統廃合問題について

 

三重一般労働組合

執行委員長 塩田 至

 

 

 三重交通グループホールディングス傘下の株式会社三交タクシーは(以下、「会社」という。)「経営基盤の強化」を理由とし、本社の移転及び営業所等の統廃合を明日10日に強行しようとしています。

 会社は統廃合等の方針について「従業員の雇用継続を第一に考えた」「リストラを行わないで済むといったメリットのある」とマスコミ取材等で主張していますが、本年3月5日の当組合との団体交渉で少なくみても33名の退職者が出ることを認めました。さらに会社は津営業所の廃止理由は「赤字転落」のためとしていますが、当組合が津営業所の収支を明らかにさせたところ、これは偽りであったことが本年3月6日に明らかになっています。

これは会社による体のいいリストラ計画であり、一番の目的は労働組合潰しです。なぜなら今回の統廃合の対象となる津営業所は、当組合に組織された分会の中心拠点であり、従業員のほとんどが組合員であるからです。先に述べた通り、会社は団体交渉が開催されれば自らの不都合な真実が暴かれ続けることを恐れているのです。

 実際に統廃合等の方針は、本年1月9日、従業員に一方的に決定事項として突き付けられたものでした。この段階で統廃合までの猶予はわずか1か月余りです。2019年2月20付けの中日新聞では「長野成司社長は…『自動運転やライドシェア(車の相乗り)など旅客輸送の形態が大きく変わってきている。企業の経営基盤を強化するための体制をつくりたい』と話した。」ことが報じられていますが、本年1月9日に行われた従業員説明会で配布された資料には「(当組合による)残業代未払訴訟が提起され、再発防止のために…」などが記載され、「経営悪化」に伴う統廃合等の方針は、まるで組合のせいであるかのごとく表現が記載され、今後は賃金カットに止まらずリストラも辞さないことも示唆されています。

当組合は昨日も開催された団体交渉においても、これらの問題について撤回を求め追及を続けていますが、統廃合が明日に迫るもとで従業員らの不安は高まっている状況です。当月6日、本社(津営業所)においては、従業員による立てこもり事件も発生しております。こうした行為は社会的にも断じて許されないことはもとより、組合の正当な闘いに害を及ぼす許されない行為です。当組合は会社による組合潰しの営業所閉鎖攻撃と併せ、前記の行為についても厳しく対処していきます。みなさんのご支援を引き続きよろしくお願いします。

 

 

以上

スポンサーサイト



闘争集結とお礼

kage

2017/09/29 (Fri)

この記事はブロとものみ閲覧できます

NO.56 『 本部書記長 広岡法浄の 言いたい放題 』

kage

2017/07/21 (Fri)




56.png
562.png








第5回ユニオンセミナー@六甲 ~組合員Oさんの感想~

kage

2017/07/20 (Thu)


semi.png

MWG 非正規差別を許さない闘い、続く

kage

2017/04/24 (Mon)


 非正規差別は絶対に許さない
 ーーー 松尾製作所 ーーー


 愛知県、大府市にある松尾製作所のブラジル人労働者の闘い。会社は昨年8月、契約社員の労働条件を一方的に切り下げてきた。これに対し、マツオワーカーズグループ(MWG)を結成し、ユニオンの東海ネットの仲間の応援を受けながら、5回の団交を重ねてきた。

 会社は「契約社員には感謝している。」との発言とは裏腹に、不誠実団交を繰り返し、問題の解決を図ろうとしない。昨年12月に開催された団交で会社の常務が組合の要求に対し具体的な回答を約束し、前進するかに見えたが、会社はこれまでの弁護士を解任し、新たに西脇という経営法曹団の弁護士を雇入れ、組合の要求に対し、全てゼロ回答を出してきた。労働契約法の改正で、社員との差別待遇の是正が求められている通勤手当や食事手当などの福利厚生についても、西脇弁護士は「法律で定められているわけではない。同一労働同一賃金で具体的に法律で定められた時点で検討する。」と、ふざけた回答をしてきた。組合員を焦らし、組織の壊滅を狙ったあくどい対応だ。

 会社の狙いを見抜いたリーダーのKさんは「絶対にあきらめない。」と決意を新たにした。

 ユニオンみえの17春闘はこれからが本番だ。松尾製作所ではこれまでの賃下げ問題に加え、17春闘要求として契約社員全員、一律、時給で150円の賃上げ要求を行っている。

 MWGの闘いはSPUの闘いに引き続くユニオンみえの柱になる闘いであり、また、17春闘の柱になる闘いだ。

 ユニオンみえは、松尾製作所による非正規労働者への労働条件の切り下げ、差別を許さず、正社員との平等な処遇を実現する闘いを、東海地域のユニオンの協力を得ながら、組織を挙げて闘っていきたい。



<Don2 63号より>


ユニオンみえの職場ユニット 「eisuユニオン」 ホームページが完成しました!

kage

2017/01/15 (Sun)


l.png



 ユニオンみえの職場ユニット、
「eisuユニオン」(三重県の大手学習塾「鈴鹿英数学院」の職員により構成)のホームページが12月8日に開設されました。
 ぜひ「eisuユニオン」で検索して、覗いてみてください。 

eisuQR.png

URL  http://eisu.rouso.jp/
 

 今後、このサイトを通して、eisuユニオンの活動報告や情報を全国に発信していきます。

 現在、多くの学習塾では経営者のワンマン経営が行われ、労働条件の悪化が進み、長時間労働、サービス残業、賃金切下げ、公休日の削減、不当配転、退職強要、解雇などの問題が発生しています。
 この背景は、労働組合のある学習塾が皆無であることや、学習塾で働く人のための労働ネットワークが皆無であることなどがあげられます。

 したがって、全国の学習塾で働く人の労働条件や職場環境の改善するためには、学習塾の職場における労働組合の結成と学習塾労働者の組織化が必要です。

 サイト内にある『学習塾労働者・全国ネットワーク』では意見交換や労働相談を通して、全国の学習塾労働者のネットワーク化を進めていきます。また、学習塾労働者を各地のユニオンへ加入させ、学習塾の職場での労組結成をはかりたいと思っています。
 よろしくお願いします。                         
                                                                      (eisu ユニオン)